犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp


ペットサロンで評判の水がある。シャンプーをしたあとの毛づやが抜群によく、洗うときにワンちゃんがあまり嫌がらないという。それは「犬の家copain」が薦めるミネラルを一切含まない水「軟水」だ。
軟水でシャンプーすると、毛はつるつるとしなやかになって、ワンちゃんを抱っこしようとすると滑ってしまうこともあるとか。サロンにお迎えにきた飼い主さんにも「今までと仕上がりが全然違う」と好評だ。

ミネラルを含まないから皮膚へのあたりもソフト。皮膚のデリケートなワンちゃんや、シャンプー嫌いのワンゃんにも、やわらかな肌触りの軟水がおすすめだ。


※犬の家copain:自然のおやつや合成保存料、合成添加物、着色料を一切使用しないフード、自然のシャンプーとリンスなど、安全で安心できる商品を提供するショップ。
犬の家copainのホームページ>>

犬の皮膚を守り、つややかな毛並みを取り戻すための高度ゼロ
毛が輝く犬犬は汗をかかないので、肌が乾燥しやすい。軟水と天然素材100%のシャンプーの組み合わせなら、必要以上に皮膚の脂肪酸を落とさず、肌はもちろん被毛も良い状態に保つ。  お風呂でお湯につかったとき、肌がチクチクと痛むような感触を覚えたことはないだろうか。それは水に含まれるミネラル分が肌を刺激するためだ。ミネラルの含有量を示す硬度が高ければ高いほど刺激は強い。逆にミネラルが少なければ、肌への刺激は少ない。

 せっけんで手や顔を洗った後、肌がつっぱってしまうのも、水のミネラルが一因だ。汚れと一緒に皮膚を覆っている脂肪酸まで落としてしまっているから、潤いがなくなってしまう。

 犬のシャンプー選びにはこだわりを持っている人も多いが、シャンプーをするときの水にまで配慮している人は少ないかもしれない。飲むわけではないのだから、水道水で十分だと考えるのが一般的だろう。しかし、こだわって選んだシャンプーを使っても、毛づやがいまいちだったり、ワンちゃんがシャンプーを嫌がったりと、なかなか満足のいく仕上がりにはならないものだ。

 それを解決してくれるのが軟水だ。軟水は、水に含まれるカルシウムや、マグネシウム、鉄分などのミネラル分を取り除いたまじりけのない水のこと。ジュースやシャンプーの成分として、「精製水」と表示されているのは、硬度0の軟水だ。

 皮脂を取りすぎてしまうのはミネラルの働きだ。犬をシャンプーするときに使う水が、硬水であればあるほど、皮膚を保護している脂肪酸まで落としてしまうことになる。皮膚は潤いをなくし、フケの発生や、アレルギーの悪化につながる。だから、ミネラルをすべて取り除いた軟水がいい。汚れは従来と同じように落としつつ、皮脂は適度に残してくれる。

 皮膚のデリケートな犬であれば、天然素材から作られたシャンプー剤を使っていることが多いだろう。合成界面活性剤を含まないシャンプーは、皮膚にダメージを与えにくい。軟水は天然素材100%のシャンプーととても相性がいい。

 シャンプーのあと、静電気が起こりにくくなるのも嬉しい。ビリッとくる静電気は、人も痛いが、犬にもストレスになるはず。あの不快な「ビリッ」がなければ、快適にブラッシングしてあげられる。

水道水を軟水にかえてくれる家庭用軟水器「軟太郎」
 家庭用軟水器「軟太郎」を実際に使ってみると、水道水との違いがはっきりと実感できる。軟水とせっけんで手を洗うと、いくらすすいでも、ぬるぬるした感じが残るのだ。これは肌を守る皮脂がきちんと残っているから。汚れはきれいに取り除き、せっけんカスを残さず、肌の潤いは守ってくれる。
 「軟太郎」は、イオン交換樹脂を使った国内初の本格的な軟水器。維持、管理も簡単だ。「軟太郎」が大きすぎるという場合には、マンションにも設置可能なコンパクト型軟水器「美肌っ子」もある。こちらは室内仕様で取り付け工事も不要。「軟太郎」と同じように、マイコン制御で安定した水質の軟水を供給してくれる。

 「軟太郎」の軟水は、飲み水としてもおすすめだ。犬の飲料水として硬度の高い水を与えていると、水に含まれるミネラル分が体内に蓄積され、結石の元となる場合がある。ミネラルフリーの軟水なら安心だ。

 人間の肌にもやさしいから、シャンプーによる手荒れも解消できる。日に何度もワンちゃんのシャンプーをするトリマーさんでも、軟水を使えば刺激が少なく肌のカサカサが予防できる。
 トリマーさんにとって、さらにもう一つうれしいことがある。軟水を使用しているペットサロンによると、シャンプーの際、せっけんカスが残らないため、浴槽も汚れにくいとのこと。ステンレスの浴槽はいつまでもピカピカなのだそうだ。
 人間の洗顔にもぜひ使いたい。しっとりと適度な潤いを残してくれる。ご飯もこの水でおいしく炊きあがる。
軟水は、こんなにいいことづくし

■皮脂の取りすぎを防ぐ。

■毛づやがよくなる。

■肌荒れを防ぐ。

■フケが出にくくなる。

■せっけんカスができない。

■ブラッシングの際、静電気が
 起こりにくくなる。

■水による結石の心配がない



「軟水器」は無料レンタル体験もできます。試してみたい方は「犬の家copain」までお問い合わせください。
(戸建て用)
ホームソフナー軟太郎
■本体標準価格
289,800円(税込)
※別途取付工事試運転費用が必要。
※地下水使用の場合は別途相談。
本体/幅×奥行×高さ
71.5×31.4×106.4
cm
重さ/50kg
(コンパクト型)
ホームソフナー美肌っ子

■本体標準価格
139,650円(税込)
※別途取付試運転費用が必要。

本体/幅×奥行×高さ
39.8×16×64.8cm

重さ/15kg

軟水器の詳細・購入・問い合わせ≫≫ 犬の家copainホームページ>>

↓軟水と相性がいい天然素材100%のシャンプー↓
肌の弱いわんちゃんに安心して使える 毛肌にやさしい100%天然植物性、自然のシャンプー&リンス

■取材協力:犬の家copain 犬の家copainホームページ>>

【記事後記】

オリジナルの品揃えが多く、天然素材100%の「シャンメシャンの自然のシャンプーとリンス」もオリジナル。自然のおやつ、合成保存料、合成添加物、着色料を一切使用しないフードなど、ほんとうに犬にとって良いものだけを提供しようとする姿勢がはっきり見えるショップ。シャンプーとリンスについては、犬の家copainさんのホームページでかなり詳しく紹介されているので、犬の毛肌でお困りの方だけでなく、愛犬家のすべての皆様にご一読されることをおすすめします。

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ
opyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine