犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp


犬のアレルギーについて耳にすることが多い。検査で牛肉がダメ、鶏もダメ、○○もダメ、□□もダメといったことをよく聞く。検査で出たからといって、本当にダメなのだろうか。そのあたりの真相をご紹介することから、さらに、アレルギーの犬のための食事についてご紹介。

犬のアレルギーについて
犬のアレルギーは食物アレルギーだけでなく、空気中のアレルゲン(アレルギー起因物質)によっても起こる。皮膚の痒みが主な症状で、原因となる物質は、人間と同様に花粉やハウスダスト、ハウスダストの中のダニなどが知られている。
ノミアレルギーはノミの唾液成分に対するアレルギーで、アレルギーの犬はノミに対してもアレルギーを持つことが多いようだ。

食物アレルギーによって、痒みがよく見られる場所は耳
。非季節性の痒みで、頻繁に再発する外耳炎がみられる場合は食物アレルギーの疑いがある。痒みは指先や太ももの付け根、わき、顔、胸にも現れる。
市販のペットフードなどに含まれる種々の物質に対するアレルギー反応で起こる皮膚の痒み、あるいは下痢が食物アレルギーで、牛肉、鶏肉、卵、大豆などのたんぱく、小麦、トウモロコシ、オートミールなどの炭水化物、着色料、保存料、酸化防止剤のような添加物のすべてが考えられる。

アレルギー検査で驚かないで!
IgE値を調べても原因はわからない、あくまでも参考に!

アレルギーの検査は一般的に血液検査が行われる
。これは血液中のIgE値を調べるもの。IgEとはどの犬も血液の中に持っている免疫グロブリンEという特殊なたんぱく質のことで、免疫グロブリンEは、アレルギーを起す刺激物質(アレルゲン)が体に入ってきたとき、すぐに取りついて結合し、ブロック(阻止)する役割をする物質のこと。
そこで、アレルギーの犬の血液にはIgEの量が多いはず、というので調べるわけだ。ダニや牛肉など、特定の物質に対するIgE値を調べるが、たとえば、牛肉に対するIgE値が高いからといって、牛肉でアレルギーが起こっているとは限らない。ただ、牛肉は原因物質として疑ってみる価値があるというだけのこと。

どういう物質に対してIgEが増えているかを調べれば原因がわかる。それなら事は簡単。犬のアレルギーなど無くなったも同然といえる。
ところが、現実はそう簡単なものではない。アレルギーの犬の全てがIgE値が高いとは限らないし、また、IgE値が高くても、アレルギーを起さない犬もたくさんいて、このことの説明がつかない。
IgE値の高い食べ物を食べたら、必ずアレルギーが出るとは限らず、逆にその食べ物を除いてみても症状は必ずしもよくならない。
結局、IgE値を調べても確かなことはわからない。食物アレルギーがあるかどうかは、疑わしい食べ物をいっさい与えないようにしたら皮膚炎が良くなるか、反対に、しばらく与えないでおいて、その食べ物を与えたら皮膚炎が悪くなるかどうかで直接確かめる以外に方法はない。

ドッグフードとアレルギー
小麦が最もアレルギー性が高い!

ドッグフードに使用されている原材料の中では、小麦が最もアレルギー性が高く、消化率も最も低い。
小麦の最大の欠点は、そのグルテン含有量の高さにある。犬は小麦グルテンを適切に消化するための消化酵素を持っていない。犬によっては小麦グルテン(アルブミン、グロブリン、グルテニン)を摂取することによって胃や皮膚にアレルギー反応を起こす。
小麦摂取により、よく起こりうる副作用として皮膚や毛並みが悪くなる、耳感染、肉球を噛むなどの症状があげられる。
トウモロコシについても小麦よりは優れているが、栄養価値が低く、ボクサーなど特定の犬にとってアレルギー源になる。

体に抵抗力がつけば、アレルギー反応は抑えられる
いろいろな検査の結果、牛肉がアレルギーの原因だとか、卵が悪いなどの疑いがあって心配をしている飼い主さんにぜひ、知っていただきたいことがあるのでご紹介。
それは、アレルギーには「オール・オア・ノン」という法則があるということ。
「オール・オア・ノン」は生理学の用語で、筋肉や神経が興奮するときは、刺激があるレベルに達しないと反応が起こらず、ある決まった値に達するとはじめて反応が起こるということ。

たとえば、牛肉のアレルギーの場合、何グラムか、あるいは何ミリグラムか、犬によって値は違うが、体内に入る牛肉の量が一定以上にならないと、アレルギー反応は起こらない。ある値を境にして、それ以上になると必ず反応が起こるが、それ以下の量なら、全然食べないのと同じで反応は起こらない。少しの牛肉ならわずかな反応が起き、たくさん食べるとひどい反応が起こるわけではない。
これは食物アレルギーだけでなく、すべてのアレルギーに共通する原則だ。

重要なことは、体内に入ったアレルゲン(アレルギーの原因物質)の量がどれくらいまでなら、反応を起さずに乗り越えられるかということ。そしてその境界の高さは変えることができるということ。

そのアレルギーの境界を楽に乗り越えられるようにするには何が必要かというと、健康で丈夫な犬に育てること、つまり体に抵抗力をつけることだ。抵抗力があれば、アレルゲンが体内に入ってきても、ある程度までは境界を飛び越えても、反応を起さずに持ちこたえられる。
犬の体に抵抗力をつけてやることこそ、最も有効な方法といえる。

アレルギーの犬のための食事
食物アレルギーだけでなく、空気中のアレルゲンによるアレルギーであっても、犬の体に抵抗をつけてやることで、アレルギー反応を抑えることができる。それにはまず食事を考える必要がある。

多量の穀類は食物アレルギーを起しやすい
犬は穀類などの炭水化物の消化が困難で、ドッグフードの中の含有量にもよるが、多量の穀類は食物アレルギーを起しやすいといえる。市販されているペットフードのほとんどが複数の穀類原材料を含み、またその使用量も原材料中40%から70%含まれている。
まずは、犬の食性にあった穀物不使用のドッグフードに切り替えることがすすめられる。

消化吸収の良い食事を心がけ
肉食性の犬本来の食事を与えること

犬の体に抵抗力をつけるためには、充分な栄養を供給してやる必要がある。それには消化吸収の良い食事を与えることだ。犬にとって消化吸収の良い食べ物は肉類になる。犬の消化器官は短く、肉をベースにした高たんぱくの食事に適応し、たんぱく質を効率よくエネルギー源として使用するように出来ている。
犬は植物や穀物をベースにした食事をすることはできても、早期に栄養バランスを崩してしまうことがある。栄養バランスを崩してしまうことは抵抗力を弱めることになり、アレルゲンに持ちこたえられないだけでなく、様々な病気にも罹りやすくなる。

犬は健康を維持するためにアミノ酸が必要。犬は動物性たんぱく質の摂取に適した体で、たんぱく質の品質が高いほど消化率が高いことが分かっている。犬は健康を維持するためにアミノ酸を必要とし、アミノ酸は特に動物性たんぱく質に含まれている。
つまり、健康で丈夫な体になるためには、穀物不使用で、肉をベースにした高たんぱくの食事を与えることが不可欠となる。

ただし、ドッグフードについては、原材料の最初に肉と表示されていても、肉が成分中一番多い原材料とは限らない。「新鮮肉」には相当量の水分が含まれているからだ。
原材料表示の最初の5つに3つ以上の穀類が表示されているドッグフードは少なくとも避けるべきだ。

アレルギーの犬のためには
脂質の良い、魚ベースのドッグフードを選ぶ

アレルギーの犬にとって、ドッグフードの脂質は重要な意味を持つ。牛肉や豚肉などに含まれる脂質は飽和脂肪酸と呼ばれるもので、これらの肉の脂質を多く与えると、体の中で皮膚の炎症をひどくする物質が増えるため、症状は悪化する。
一方、魚に含まれる脂質は不飽和脂肪酸で、オメガ3必須脂肪酸( α-リノレン酸・EPA・DHA)、オメガ6必須脂肪酸(リノール酸・γ-リノレン酸・アラキドン酸)が含まれる。これらの必須脂肪酸は、体の中で皮膚の炎症をおさめる働きをする。
これらのことから、アレルギーの犬のためには魚をベースにしたドッグフードがすすめられる。
肉類ベースの場合は、脂質の少ない鶏や七面鳥などをベースに、必須脂肪酸のバランスが考慮されたドッグフードを選ぶようにし、さらに、オメガ3、オメガ6必須脂肪酸が豊富に含まれているサーモンオイルを加えるなどして脂質のバランスを調整する。
また、肉類の中でも馬肉には魚や植物に含まれる不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)が豊富に含まれている。

プロバイオティクスがアレルギーに有効!
プロバイオティクスとは「腸内フローラ(腸内細菌叢)のバランスを改善することにより動物に有益な効果をもたらす生きた微生物」と定義されているもので、プロバイオティクスに抗アレルギー作用があることが国内外で報告されている。

動物実験でプロバイオティクスの抗アレルギー作用が確認されて以来、多くの報告によってプロバイオティクスの抗アレルギー作用は科学的な根拠を得ている。実際にマウスを用いた実験でもIgEがつくられるのが抑えられるのを確認され、アレルギーを引き起こすIgE(免疫グロブリンE抗体)の産生を抑制するのがわかっている。また、アレルギーだけでなく自己免疫がかかわる病気も腸内環境で発症や悪化が左右されるらしいということが分子レベルの研究でわかってきている。

アレルギーの犬にとって、腸内環境を改善することは重要な意味を持つ。プロバイオティクスを積極的に摂るようにしたいもの。


アレルギーに配慮したドッグフードの購入・問い合わせは:Apple Dog(アップルドッグ)

■参考引用・協力Apple Dog(アップルドッグ)

関連掲載記事:
2009-2010 ペットフード オブ・ザ・イヤー受賞“ドッグフード”
穀物不使用! アレルギーに配慮、消化吸収の良い魚のドッグフード

▲ページのトップへ


穀物不使用・低アレルギードッグフードの購入・問い合わせ Apple Dog

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2009 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine