犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp

穀物不使用 魚のドッグフード

穀物は一切使わず、消化吸収の良いたんぱく質である魚(サケ・タラ・ニシン)を、原材料の55%以上使用したドッグフードがある。イギリスのFish4Dogs(フィッシュ 4 ドッグ)というブランドで、アレルギーに配慮され、さらにその嗜好性の高さが評判のドッグフードだ。

それは、ある夫妻の愛犬の食物アレルギー、皮膚トラブルへの悩みから生まれたドッグフード

Fish4Dogs(フィッシュ 4 ドッグ)は、ロバート・エンジェルとジル・エンジェル夫妻がイギリスで設立したもの。彼らはグレートデンの愛好家で15年以上ドッグショーに参加するほどの
愛犬家だ。そんな彼らが気付いたことは、自分達だけでなく、多くのショーブリーダー達が食物アレルギーや皮膚トラブルに悩んでいるという現実。

「多くのペットフードの主原料は小麦やとうもろこしだ。なぜ、肉食動物が穀物中心の食事を強いられているのか?」
そんな疑問から生まれたのが、フィッシュ4ドッグ コンプリート(完全食)ペットフードだ。

フィッシュ4ドッグは、獣医師、皮膚アレルギーを持つドッグショー仲間の協力により、4年の歳月をかけてようやく完成。ヨーロッパはウェットフードの人気が高く、ドライフードの嗜好性に対するイメージは良くない。しかし、フィッシュ4ドッグの皮膚アレルギーに対する効果はもちろん、その嗜好性の高さにみんなが驚いたという。



穀物不使用 魚のドッグフード

フィッシュ4ドッグは、新鮮な魚を使用し、敏感な消化器官を持つ犬の事を考えた低アレルギーな食材だけを使用し、シンプルな原材料で生産されている。
魚はホルモン促進剤を使用しない消化吸収に優れた安全なたんぱく源だ。

犬にとって主要な栄養素となるたんぱく質には、消化の良い新鮮な魚(サケ・タラ・ニシン)を使用し、炭水化物には穀物不使用で、ポテトを使用している。ポテトに含まれるデンプンは、調理過程において、消化吸収しやすくゼラチン化する。

フィッシュ4ドッグのたんぱく質の量は魚自体に含まれるもので、魚は消化吸収が最も良いたんぱく質であり、消化の良い食べ物はアレルギー反応が出にくいといわれている。
また、サーモンオイルをはじめ30種類の必須栄養成分配合により、栄養バランスをベストな状態に保ち、体内での摂取吸収率を高め、健康な皮膚、関節、甲状腺機能をサポートする。

魚のたんぱく質が、消化吸収に優れていることは前述の通りだが、 質の良いたんぱく質であればあるだけ、犬にとって良いといえる。 そして、消化吸収しやすいものであればあるほど、犬にとって良いものとなる。重要なことは、栄養の有効性は消化率に依存しているということだ。
ちなみに、魚のたんぱく質の消化率は約90%で、小麦の消化率は64%、トウモロコシは54%程度でしかない。

サケ・タラ・ニシンは高たんぱく、低脂肪の代表的な白身魚で、ビタミンやミネラルを豊富に含むのをはじめ、オメガ3脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が多く含まれている。
EPAは、血液をさらさらにして血栓の生成を抑え、脳血栓や心筋梗塞を予防。血中コレステロールの低下作用・血圧低下作用・血糖値低下作用が認められてるのはよく知られるところ。
DHAは、痴呆症予防や網膜反射機能の向上にも効果があることが分かってきている。

さらにDHAは、2007年の動物臨床医学会(第28回動物臨床医学会年次大会)において、高齢犬の痴呆症状の改善に有効と発表されている。高齢犬にもすすめられるフードだ。

また、EPAがアレルギー体質を改善することも知られている。詳しくは>>

フィッシュ4ドッグの原材料として使用されている魚は、私たちの食卓に並ぶ物と同じ食材で、副産物は使用されていない。魚の身と小骨(カルシウム)のみを使用し、大きな骨、エラ、ウロコ、内蔵、頭や尾は使われていない。

フィッシュ4ドッグに使用されていないもの
化学保存料(BHABHT)・着色料・香料・コーングルテン・コーン・家畜(羊肉 牛肉 鶏)・
大豆(皮含む)小麦・米・卵・ホルモン調整剤・成長促進剤などは使用されていない。


フィッシュ4ドッグ ドッグフードは、
●フィッシュ4パピー コンプリートパピーフード
●フィッシュ4ドッグ コンプリートフード(タラ)
●フィッシュ4ドッグ コンプリートフード(サーモン大粒)
の3種類。パピーフード以外は全犬種・全年齢共通(オールライフステージ)で成犬からシニア犬まですべてのステージで安心して与えることができる。

フィッシュ4パピー フィッシュ4ドッグ フィッシュ4ドッグ
フィッシュ4パピー
コンプリートパピーフード
フィッシュ4ドッグ
コンプリートフード(タラ)
フィッシュ4ドッグ
コンプリートフード(サーモン大粒)

フィッシュ4ドッグの詳細>>


フィッシュ4ドッグ すべての原材料比率を公開
原材料の成分を公開するのは当然のことだが、Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)は全ての原材料の比率を公開している。
ペットフードメーカーは使用している原材料は公開しているが、その比率までは公開していないのが一般的。この原材料の比率を公開するということだけをとらえてみても信頼できるメーカーであることがわかる。

例えば、フィッシュ4ドッグ コンプリートフード(サーモン)の原材料と比率は下表の通りだ。こういった原材料とその比率を明記し、公開しているドッグフードはまず見かけることはないだろう。これこそが、犬の健康を考えたドッグフードの在り方を示すもので、メーカーの良心といえるのではないだろうか。
フィッシュ4ドッグ コンプリートフード(サーモン)
原材料と比率 (中国産は未使用)
原材料名 原材料の比率
サケ 30.5%
ポテト 30.5%
ニシン 21.4%
サーモンオイル 7.6%
サトウ大根 6.4%
ビール酵母 2.1%
ミネラル類 0.8%
ビタミン類 0.7%

穀物不使用のドッグフードこそが犬本来の食事
犬本来の食事は肉食性。腸が短く穀物の消化には適していない。
犬の祖先である狼と現在の家庭犬は全く同じ消化器を持っている。犬の消化器官は短く、肉をベースにした高たんぱくの食事に適応し、たんぱく質を効率よくエネルギー源として使用するように出来ている。
犬は穀類を食べるように体はできておらず、穀類などの炭水化物は肉食動物の犬にとって消化が困難だ。犬は植物や穀物をベースにした食事をすることはできても、早期に栄養バランスを崩してしまうことがあるといわれ、最近では獣医師などの専門家は、犬の健康問題の主要な原因は穀類と炭水化物にあると提唱している。

これまで、ペットフードの消化率はあまり問題にされなかったように思う。実は、小麦やトウモロコシなどの穀物主体のドッグフードの消化率は良くない。そうした穀物を主原料にした市販のドッグフードに関連した問題は、獣医の現場でよく見受けられ、慢性的な消化に関する問題、嘔吐や下痢、炎症性腸疾病は、最も頻繁に見られるものだ。下痢や嘔吐という通常みなされる一般的な問題は食物アレルギーといわれ、食物アレルギーや過敏症は今や日常の病気といえる。

今もなお、多くの市販ペットフードは貧弱なたんぱく質消化率を持っている原料で作られている。70%未満の消化率を持つたんぱく質を含んでいるフードは犬の下痢の原因となる。植物性たんぱく質の消化率は低く、小麦の消化率は64%、トウモロコシは54%程度でしかなく、ともに70%未満の消化率だ。

穀物の粒は一般的な市販ペットフードの主要な成分だ。多くの人たちは1つのペットフードを選択し、長期間にわたり犬にそれを与える。したがって、それらの犬たちはわずかな種類の炭水化物の食物を食べることになる。一般的な市販ペットフードの原材料の65%以上が穀類といわれている。
現在の犬の食事は彼らの祖先が食べていた多くの種類を備えたたんぱく質の食事とはかけ離れたものになっている。

犬は動物性たんぱく質の摂取に適した体になっており、たんぱく質の品質が高いほど消化率が高いことが分かっている。犬は健康を維持するためにアミノ酸を必要とし、アミノ酸は特に動物性たんぱく質に含まれている。穀物を使わないで、良質な動物性たんぱく質を多く配合されているフードこそが、肉食性の犬本来の食事といえる。

Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)の購入・問い合わせは:Apple Dog
▲ページのトップへ

【記事後記】

読者の皆様、現在、愛犬に与えておられるフードの袋に表示されている原材料を見てみてください。
原材料は例えば、トウモロコシ、鶏肉粉、大豆、大麦、……というように並んでいます。配合比率の多いものから順に記載することになっていますから、トウモロコシ、鶏肉粉、大豆、大麦、…… とあれば、一般的な通念として1番目と2番目はそんなに差はないだろうと勝手に解釈してしまいがちで、たとえばトウモロコシが30%ぐらいで、鶏肉粉が25%程度か、なんて想像してしまいますが、どうやらそうでもないらしく、1番目と2番目の原材料比が大きく違うこともあるようです。例えば、トウモロコシが40%、鶏肉粉が10%でも、またはトウモロコシが50%、鶏肉粉が5%でも1番目と2番目に間違いはありません。この原材料の表示については、配合比率の多いものから順に記載していること自体が、そもそも錯覚の元といえるかもしれません。きちんと配合割合を表示してもいいようなものですが…。

(瑞木 こころ)


Fish4Dogs(フィッシュ4ドッグ)ドッグフードの購入・問い合わせ Apple Dog

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2009 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine