犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

Dog Magazine ドッグマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp


<簡単レシピ> 馬肉を使った犬の手作りご飯 〜2〜
馬肉と野菜の具だくさんスープ  179kcal たんぱく質:22.1g 


馬肉の挽肉でスープをとって、そこに野菜をいれて煮込みました。馬肉と野菜の旨味が楽しめるのでワンちゃんも大喜びです。量の割には低カロリーなので、ダイエット中のわんちゃんにもぴったり。

犬の手作りごはん 馬肉と野菜の具だくさんスープ馬肉と野菜の具だくさんスープ
179kcal たんぱく質:22.1g


■モモちゃんの評価
馬肉を水から煮込んでスープをとる段階で、とってもいい香りが漂いました。モモちゃんはもうソワソワと落ち着きません。一気に食べてしまったことはいうまでもありません。
評価=
★★★★☆(もう少しカロリーが欲しかったかも)

馬肉の冷凍パック 自然解凍中の馬肉
犬用馬肉 犬用馬肉
馬肉は生肉を冷凍パックで宅配される。もちろん、生で食べることができる。
冷凍庫に保存。写真は100gパック。100g当り125円
使う前に、必要量だけパックから取り分けて、自然解凍する。使わない馬肉は、速やかに冷凍庫に保存する。
馬肉についてもっと詳しく>>

材料(体重5Kg・1頭分)
1日朝夕2食のうちの1食分
馬肉(挽肉)…100g
じゃがいも…50g
かぼちゃ…30g
にんじん…20g
キャベツ…20g
ブロッコリー…10g
パセリ…少々
※体重5kgの犬を基本にしています。

作り方
1 野菜類は愛犬が食べやすい大きさに切って、茹でておく。じゃがいも、かぼちゃ、にんじんは中がやわらかくなるまで煮る。煮上がったら水気を切り、皿にとっておく。
2 鍋に水1〜1.5カップ入れ、馬肉(挽肉)を入れ煮る。アクを取りながら煮込み、沸騰したら、1の野菜を入れ、5〜10分ほど煮込み、ひと煮立ちさせて火を止める。
※煮込み途中で水気が少なくなったら、適量の水を加える。
3 2を食器に移し、適温まで冷ましてからパセリ少々をふる。

<調理所要時間:約15〜20分>

ワンポイント
馬肉を生で食べることができるワンちゃんは、馬肉の適量を分量から取って生のまま残しておき、スープを冷ましてから、生肉をトッピングするとよいでしょう。こうすると馬肉の栄養が全てそのまま吸収できます。


犬に食事を与えるときの適温は38〜39℃
犬に食事を与えるときに注意したいのは、食べ物の温度。極端に熱いものや冷たいものは絶対に避けるべき。適温は、犬の体温と同じ程度の38〜39℃です。
缶詰の残りや作りおきの食事などは冷蔵庫で保存することが多いものですが、その場合も冷たいまま与えるのは避けましょう。犬は咀嚼しないで丸飲みに近い食べ方をするために、急激な刺激により下痢をしたり、胃腸カタルの原因になったりします。
また、熱いものも人間のように冷ましてから食べるということができないので、与えられたまま丸飲みしますので危険が伴います。



手作りご飯をつくる時…
栄養やカロリーなどを調べるのに便利
≫≫すぐわかる栄養成分ナビゲーター>>
※手作りご飯を作るとき、カロリーやたんぱく質の量、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、脂肪酸、食塩量などの栄養成分が調べることができ、簡単で便利に使えます。

参考/成犬に必要な1日の摂取カロリー
体重(kg) 1 5 10 15 20 25 30 35 40
kcal 130 440 750 1010 1250 1480 1670 1900 2100
※1日の摂取カロリーは目安です。運動量などにより必要な摂取カロリーは変わります。

<簡単レシピ> 馬肉を使った犬の手作りご飯 バックナンバー>>

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

opyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine