犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp


公園で出会ったわんちゃんたち<13
Dog Magazine編集スタッフのモモちゃんが出会ったわんちゃんたちをご紹介。

ドテ〜 これがラクチンなんだわぁ〜
モモちゃんがよく行く、海とのふれあい広場(大阪・堺市)で出会ったブルちゃん。人なつこくて、可愛いたりゃありゃしない。
ブルドッグ
ブルドッグはマスティフ系の犬種で、イギリスに於ける700年にわたる犬の格闘技の歴史に翻弄された犬です。犬種名はブル(雄牛)と闘争させる競技(ブルベイティング)に使われた事に由来しています。背は低く、肩幅広く、頭部は大きく、顔は短く、下顎が突き出た特異なバランスと風格の短毛の中型犬で、善良で勇敢、優しく温順、些細な物事に動じない沈着で忠実な犬種ですが、訓練性能は高くありません。暑さには極端に弱いので、飼育環境には注意が必要です。

ファミリーだよ
フレンチブルの仲好し家族です。バッグからチョコンと顔をのぞかせているフレンチちゃんはまだ3ヶ月足らず。
フレンチ・ブルドッグ
フレンチ・ブルドッグはコウモリ耳と大きくスクェアな頭部が特徴です。骨量が多く筋肉質の引き締まった体格で、被毛はなめらかで短毛。体高と体長のバランスが良く、室内飼育に適したサイズです。利口で気立てが良く、陽気で活発で、愛情が深く、ほとんど吠えないため飼育しやすい犬種です。

ヘアースタイルがキマッテるでしょ
まるでぬいぐるみのようだねえ〜
トイ・プードル マルチーズ
ヘアースタイルがバッチリ。とっても元気なトイプードルちゃん。また会おうね。
トイ・プードル
トイ・プードルはスタンダード・プードルを小型に改良した犬種だといわれていますが、スタンダード・プードルがミニチュアサイズを経てトイのサイズに縮小された歴史は明確にはわかっていませんが、歴史は比較的古く、ルイ16世の時代にはトイ・プードルが確認されています。
非常にトレーニングしやすい犬として知られ、聡明で、学習能力が非常に高いことでも知られています。
優雅な容姿で気品に富み、快活、おだやかで動作が活動的です。体高と体長の等しいスクェアな体形で均整がとれ、トリミングする事によりプードル独特の高貴さと威厳を高める事ができます。
大阪・帝塚山の町の中を散歩していたマルチーズちゃん。可愛いですねぇ〜。
マルチーズ
マルチーズは3,000年以上の歴史を有する非常に古い犬種で「犬の貴族」と呼ばれて来ました。猟犬や使役犬を小型化したものではなく、終始愛玩犬としてのみ飼育されて来たきわめて特異な犬種です。
利口でしつけもしやすく、落ち着きがあり、温厚でかつ活発で遊び好きです。飼い主とは愛情をもってつきあい、非常に従順です。ただし、甘やかせることによって絆が強まりすぎると排他的になります。子犬時代から一貫性をもってしつけることが望まれます。散歩したり公園で遊んだりするのが、非常に好きです。


そっちに誰がいるの〜
表紙にも登場してくれた、京都の錦市場近くで出会ったボストンテリアのイギーちゃん。モモちゃんのところに一目散に近寄って来てくれました。ノーリードで道路に飛び出してしまったのですが、「ハウス」の一声で俊敏に引き返すのにはビックリ。ほんまにおりこうさんどすえ〜。
ボストン・テリア
ボストン・テリアはアメリカ原産で、名前からわかるようにボストン市を中心に作出されました。イギリスからアメリカに輸入されたブルドッグとイングリッシュ・テリア、さらに地元の闘犬種との混血によって1880年代に作出されたもので、その経緯は明確にわかっています。ボストン・テリアの基となった犬は飼育者も犬名も明らかで、現在のあらゆるボストン・テリアは「ジャッジ」という基犬の子孫です。
まず、「ジャッジ」と「ジップ」の交配により「エフ」という犬が生まれます。 「エフ」は「ケイト」と交配されました。つまり、あらゆるボストン・テリアはすべてこの4頭に由来するわけで、 ちなみに基犬となった「ジャッジ」はブルドッグとイングリッシュ・テリアの交配種でした。
タキシードを着た紳士のような黒地に白の斑と直立耳がアメリカ人の好みに合い、過去、現在を通じ、アメリカ国内では特別に高い人気を維持しています。
体つきは、
よく引き締まった筋肉質で、滑らかで光沢ある被毛は短く、毛色はブリンドルか黒で白斑を持つ、ボストン・カラーとよばれる独特のものです。間隔のあいたとび出しがちな大きな目とぴんと立った耳、歯を被うたるみのない口唇など、愛嬌のある顔立ちに日本にも多くのファンがいます。尾は短く先細で、ストレートか巻いています。小型犬ながらも、力強く機敏な動きが持ち味です。人なつこく賢いので、しつけもしやすく飼いやすい犬のひとつです。やんちゃで活発ですが、豊かな感受性の持ち主なので、飼い主の声にも敏感に反応します。子供にもやさしい一面を持っています。また、小型犬ながら堂々とした風格を漂わせ、番犬として勇敢にテリトリーを守ります。


ボクサー犬 モモちゃん 取材交渉中のモモちゃん
ムショ、ムショ、ムショ--、フン、フン--
何をお話しているのかな?

Dog Magazine編集スタッフ モモちゃんについて

2003年4月30日生。ボクサーの女の子。好奇心は人一倍、いや、犬一倍旺盛。わんちゃんよりも人間のほうが大好き。編集スタッフとしての仕事は、わんちゃんの撮影許可等の交渉、ポーズづくり等のスタイリングなど。

公園で出会ったわんちゃんたち バックナンバー>>

【ご意見・ご感想をお寄せください】

この記事に関するご意見、ご感想をお寄せください。
Dog Magazineへのご意見・ご感想は Dog Magazineへの感想、意見 

犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine