犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine

犬との暮らしをより楽しくするグッズマガジン
トップページへ
CONTENTS
おすすめショップ
おすすめ犬と泊れる宿
特集記事
公園で出会ったワンたち
手作りご飯・簡単レシピ
犬のしつけ教室
犬のしつけ相談室
THE WORLD OF WONDERFUL DOG
登録個人サイト
犬と泊れる宿
ドッグフード
犬のおやつ
犬の栄養補助食品
首輪・リード
ドイツのペット用商品
犬の洋服
犬の室内用品・家具
犬の迷子札
犬のオリジナルグッズ
犬のシャンプー
犬のケアグッズ
犬のマナーグッズ
無料メルマガの登録>>
DOG BODY SHOP 犬用ケア用品
Dog WALK
ノミ・ダニ・蚊の虫除け剤
DOG BICYCLE 犬用自転車
大阪のおいしい店
犬の健康食トライプって何?
トライプには犬に必要な栄養が豊富に含まれています
www.appledog.jp

犬のしつけ相談

Dog Magzineにお寄せいただいた犬のしつけのご相談です。
ドッグマガジンの編集スタッフが、トレーナーさんをはじめ経験者の皆さんなど、多くの人のご意見をお聞きし、それをまとめてアドバイスをさせていただています。

犬のしつけ相談
【トイレを外でさせたい
子犬を拾ってきてから2年がすぎました。昼間は、家族全員が留守のため犬は1匹でお留守場の日々。家は、マンションなので、室内犬という感じですが、子犬のころからほとんど外出をさせていなかったので外に出るのが怖いようです。で、外ではトイレがいまだにできないでいます。今は、体も成長して中型犬ぐらいの大きさがあるにも関わらずトイレができないので、家にはトイレシートと新聞が敷きつめてあります。かたづけがとても大変で、困っています。どうしたら、外でトイレができるようになりますか?
E.S
さん

【アドバイス】
2年間ほとんど外出をさせていなかったというのが問題です。そこで散歩を楽しめるようにすることが先決です。子犬の時期に外出させなかったり他の犬に触れさせないでいると成犬になっても外出や他の犬を怖がるようになります。このような犬を無理に散歩に連れ出すと、震えたり、動かなくなったりといった逆効果になる可能性がとても大きいといえます。場合によってはかなり深刻な恐怖症になることがあります。

まず、無理に外出させることは一時中断し、室内で首輪とリードをつけ、リードをたるませたまま犬と楽しく遊ぶことからはじめます。リードをつけて歩くことに慣れて気にしなくなったら、徐々に外の環境に慣らすようにします。最初は玄関周りなどでリードを持ったままいっしょに遊びます。玄関ドアは開けたままにしておき、犬が自由に出入りが出来るようにします。自分から外へ出ていくようであれば誉め、おやつを与えます。そして徐々に玄関から離れて外に出るようにします。この場合も無理に外へ連れ出すのではなく、自分から外に出るようになることが大切です。あせらずにゆっくり時間をかけて距離をのばしていきます。外に慣れるまではリードを引張って犬の動きをコントロールしないようにします。犬は家族といっしょにいることで安心できます。家族みんなで遊んであげて、少しずつ外の新しい環境に慣らすようにします。犬が落ち着いてリラックスしているときはよく誉めます。外に出る時は常におやつを持って出るようにします。自分から新しい場所へ行ったり、リラックスしたりしているときなど、誉めておやつを与えます。こうすることで、犬は外が楽しい所だと思うようになります。
犬が何かで怖がった場合は、慰めたりせず家族みんなが楽しい雰囲気をつくります。そうすると犬は安心できます。慰めることは何の意味も持ちません。
毎日少しずつ外に慣らしていき、散歩は楽しいことと思えるようにします。慣れてくればシッポをふりながら歩けるようになります。そうなれば、徐々に行動範囲を広げていきます。同時に他の犬とも触れ合えるようにしていきます。
この段階で、うまくいけば外でトイレをするようになるかもしれません。もし外で出来たならその時には大いに誉めて、おやつを与えてください。そして室内でしたら、何ら関心を示さずに無視します。こうすると、どちらでトイレをした方が得なのか、犬はすぐに理解します。
この段階で外で出来ればいいのですが、おそらくまだ無理かと思われます。というのは、家にトイレシートと新聞を敷きつめているというところに、外で出来ない大きな原因があるからです。

新聞紙は水分の吸収が悪く、臭いと汚れを床に残しますので、犬はトイレの場所として条件づけられ、そこを通過するたびに臭いに刺激され、排泄の反射が起きてしまいます。平気で散歩ができるようになっても、散歩中はできるだけ我慢し、家に帰ってからトイレをするようになるはずです。E.Sさんは、意識されてないでしょうが、トイレシートと新聞を敷きつめることによって、家全体をトイレと条件づけてしまったのです。そこで休日など、犬を監視できる日に次のことを実行してください。

トイレシートと新聞を敷きつめることはやめて、トイレは1ヶ所に決めます。トイレシートでも新聞紙でもかまいませんが、新聞紙の場合は下にビニールやトイレトレーを置いてその上に新聞紙を何枚か敷きます。トイレの場所は寝床、食事場所から1メートル程度離しておきます。新聞紙の場合、交換するときは、一番下にあった紙を新しい紙の上に持ってきます。こうすると、その紙に残っている臭いでその場所をトイレと条件づけることができます。トイレシートの場合は1回の排尿で取り替えず、2〜3回はそのまま使用します。トイレ以外で粗そうをした場合は叱らずに無視して、片付けてから消臭剤で消臭してください。トイレできちんと出来た場合は思いきり誉めてあげてください。
トイレを外でさせるには、トイレの場所を1日に30cm程度ずつずらし徐々に玄関に近づけ、そして最終的に外に出して慣らすようにするのですが、マンションなのでそうもいかないでしょうし、昼間は留守番をさせることになるようなので、とりあえずこのトイレは室内用のトイレとして使用します。

次に外で散歩ができるようになったら、1日を費やすつもりで休日を利用して、トイレをする前の早朝から公園などに連れ出してください。牛乳や水などをたくさん飲ませれば、そのうち我慢できずにトイレをするようになります。トイレをしたら思いきり誉めて、おやつを与えます。これを何度か実行すれば外でトイレをするようになります。その日はハイキングのつもりで家族みんなで犬と遊んであげてください。

毎日の朝夕の散歩でトイレをするようになれば、必ず誉めることを忘れないでください。そうすることで室内トイレを使うことがなくなるはずです。その時には室内トイレをなくしてしまいます。

E.S様へ 
このアドバイスの中でご不明な点があればDog Magazine編集部までご連絡ください。また、よろしければ
このアドバイスで、矯正できたかどうかなど、その後についても教えてください。

■このご相談内容について、私はこうして直したなどの体験談やアドバイスなどがあれば

 Dog Magazine編集部までお寄せください。

犬のしつけ相談
                 
1  2  3  4  5  6  7  8

犬のしつけ相談室の目次ページへ


犬との暮らしをより楽しく…Dog Magazineのトップページへ

Copyright(C)2005 Dog Magazine. All rights reserved.
犬との暮らしをより楽しくする--Dog Magazine