犬のグルーミングと耳の感染症の間に関係はありますか?

AKCに質問してください

Dog Magazine 様: 垂れ耳の犬をグルーミングに連れて行くと、耳が気になるように首を振って戻ってくることがあります。 少しイライラしているようです。 彼は時々耳感染症を患います。 彼のグルーミングと耳の感染症の間に何か関係はありますか? – 首を振る

シェイキング様: グルーミング自体は耳の感染症を引き起こすわけではありませんが、耳の感染症になりやすい場合は、既存の症状や感受性を刺激するためにサロンでいくつかのことが起こっている可能性があります。

ほとんどの外耳道感染症は、細菌や酵母菌の異常増殖によって引き起こされます。 耳に水が溜まると、このようなことが起こる湿った環境が作られる可能性があります。 もう一つ考えられる原因は、耳垢にゴミが詰まり、炎症、炎症、感染症を引き起こすことです。

そのため、犬がお風呂に入ると耳に水が入り、再び感染症が始まる可能性があります。 また、乾燥中、耳の開口部を覆う暖かくて柔らかく濡れた耳は、細菌の異常増殖を引き起こすのに十分な湿気を生み出す可能性があります。 あるいは、トリミングの際に毛が外耳道に落ちて、再び別の感染症を発症する可能性があります。 この症状を治療するための家庭療法はお勧めしませんが、これらの初期症状が現れた場合には、獣医師からもらえる薬を手元に置いておきましょう。

そもそも問題を防ぐより良い方法は、外耳道に水やゴミが入らないようにすることです。 垂れ耳の犬なので、入浴中、乾燥中、頭と耳の周りの毛を刈るときに綿球を耳に入れることをお勧めします。 少なくともこれにより、別の耳感染症を引き起こす可能性のある 2 つの状況を取り除くことができます。

コメントする