「頑固な」ダックスフントが雨の中を歩かされたことに抗議する様子をご覧ください

理想的とは言えない気象条件の中、飼い主が散歩に連れ出そうとしたダックスフントが、ある種の抗議行動を起こした。

犬のオットーは、凍てつく寒さの中、生まれ故郷であるイギリスのバーミンガムの通りを歩く気分ではないのは明らかでした。 その結果、この大胆なダックスフントは、あまり動かずに足で投票することにしました。

対立の映像は飼い主のクリスさんがTikTokにシェアしたもので、寒い冬の時期にはこういった膠着状態が「日常茶飯事」になっているとフォロワーに語った。

「彼は本当に寒さが嫌いなんです」とクリスは語った。 ニューズウィーク。 「コートを着せてあげれば玄関から出してあげることができますが、濡れた床や雨が降った床に足が触れるとすぐに動かず、家に帰りたがります。」

犬を散歩に連れて行くことは、ペットを飼う上で不可欠な部分であり、4本足の友人の全体的な健康を促進します。 しかし、過小評価されがちなのは、この習慣が彼らの仲間である人間にもたらす利点です。

2019年に学術誌に発表された研究結果 科学レポート 犬の飼い主は、犬を飼っていない人に比べて、週150分の身体活動ガイドラインを満たす可能性が4倍高いことが判明しました。

クリスは、オットーの頑固さの多くは彼の品種に由来すると考えています。 「ダックスフントは頑固なことで知られていますが、彼は間違いなくその名に恥じません。」と彼は言いました。

しかし、この種の抵抗に直面して犬の飼い主の中にはタオルを投げ込む人もいるかもしれないが、オットーが動こうとしない場合には、通常、飼い主はプランBを用意している。

「私は彼を抱き上げたりはしません。ほとんどの場合、彼は散歩に行ったりトイレに行ったりする必要があるので、私はいつも彼をなだめようとします」と彼は言いました。 「結局、私が家に向かって歩いて戻らなければならないことが多いのですが、彼は喜んで走って家に戻ります。彼は速くなります。」

この特別な機会に、クリスはおやつを使って彼を散歩に連れ出すことができました。 問題は、同じおやつがなくなったときにのみ始まりました。

ありがたいことに、彼はオットーの本当の犬としての情熱を伝えることで、オットーがまだ十分な運動ができるようにする別の方法を思いつきました。 「彼はボールで遊ぶのが大好きだ。実際、彼はボールに夢中だ」と彼は語った。 「クリスマスにボールランチャーを買ってあげました。」

オットーは今回は動くことを拒否したかもしれないが、クリスは、バッグの中にあと数個おやつが入っていて、冬ももう少しだけ続くので、近いうちにオットーが再び舗道を走り始めるだろうと自信を持っているようだ。

コメントする