二度と「一人にならない」ために子犬を飼う女性の心は溶ける

クリスマスを祝うかどうかにかかわらず、休日に一人でいることを好む人はいません。 クリスマスイブを一緒に過ごすために子犬を飼い始めた後、ソーシャルメディアで心を溶かして過ごす人が誰もいなかった女性。

月曜日にnastyaswanというユーザー名でTikTokにシェアされた投稿では、ニューヨーク市在住の女性が、新入りの子犬であるラスカというトイ・プードルを興奮しながら抱き、涙をこらえるのに苦労している姿が見られ、涙をこらえる理由について語っている。彼女を手に入れた。

この心温まる投稿には、「今日はクリスマスイブだけど、一緒に祝ってくれる人がいない。だからクリスマスに子犬を飼いました。子犬は私に起こった中で一番美しいです。」というキャプションが添えられている。

「彼女の名前はラスカです、アラスカと同じですが、ラスカはロシア語で抱きしめるのが好き、愛を与えるのが好きという意味です、彼女はただの愛のボールです。私が彼女を抱き上げるたびに、彼女はただこのままで、吠えません、彼女は逃げようとしません。最後に、私はもう二度とニューヨークで一人にな​​ることはありません、彼女はすでに私の親友です!」 続いて「怖いけど、とても嬉しい」。

@nastyaswan

怖いけどとても嬉しい

♬ クリスマスピアノ – クリスマスミュージック

今年のクリスマスを一人で過ごすのは投稿者だけではなかった。 Online-Solitaire.com が実施した調査によると、今年のクリスマスはなんと 1,900 万人が一人で過ごしました。 最悪の状況となったのはオレゴン州で、住民の約45%がクリスマスを一人で過ごした。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 このプラットフォームではこれまでに140万回以上の視聴と18万件の「いいね!」を獲得している。

ユーザーの一人、キキさんは、「同窓会はあったが、大惨事だった。家族全員が生後3か月の子供との境界を踏み越えた。彼らは私の育て方を批判し、電話をかけてきた」とコメントした。 そしてイエスリン・ペレスさんは、「犬の愛は本当に無条件だ。犬はあなたに今まで起こった中で最高のものになるだろう。」と語った。

メリッサ・ディアスさんは、「クリスマスは一緒に過ごす人がいなかったので、いつもERで働きながら過ごしていました。今はプラダという名前のトイプードルを飼っていて、その子が私の仲間です」と書いている。 さらにエリンは、「子猫を飼ったのでオデットと名付けました。彼女は私にとって最高のクリスマスプレゼントです」と付け加えた。

ニューズウィーク ナスティアスワン氏に電子メールでコメントを求めた。 事件の詳細については確認できませんでした。

コメントする