犬が保護施設に引き渡された悲痛な理由:「自分には落ち度はない」

10月にニューヨーク市の保護施設に引き渡された6歳の犬の世界は一変した。

TikTokのビデオによると、マックスは前の飼い主によってニューヨーク市の動物保護センターに連れて行かれたが、その理由は「彼自身に落ち度はなかった」という。 飼い主はマックスにもっと良い生活を送ってほしいと思っていましたが、膝の手術のため歩くことができなくなりました。 オーナーも立ち退きの危機に瀕していた。 もしそうなった場合、マックスはホームレス保護施設に入ることができなくなるでしょう。

しかし、マックスには数カ月経ってもまだ永遠の家がありません。 ありがたいことに、この犬はとても社交的で、愛情深く、元気いっぱいの遊び心のある犬なので、元気です、とシェルターの上級管理者であるポール・サンダース氏は語った。 ニューズウィーク。

マックスは、ニューヨーク市の 5 つの区で生まれ育った犬を指す造語である「ボラブレッド」としても知られる雑種犬です。

TikTok で @aharrisphoto として活動している写真家は、マックスについてのメッセージを伝えたいと考えていました。 11 月 20 日のクリップは、ユーザーがこの幸せな犬を救うために立ち上がってほしいと訴えていました。

サンダース氏によると、マックスさんはこれまでに数多くの養子縁組希望者から関心を寄せられていたが、さまざまな理由から適切な家族を見つけることができなかったという。 彼はトレーニングに時間をかけて取り組んでくれる人を必要としています。

ニューヨーク市動物保護センターは、マックスは小さな子供や小型犬、猫がいない家庭でも成長すると信じている。 元所有者が好きではないと言っていたため、スケートボードもありませんでした。

「私たちが保護している間、彼はリードを引っ張ったり、過剰に刺激されたりする例がいくつか見られました。そのエネルギーにより、マックスは行儀が悪かったり、口が悪くなったりする傾向があります」とサンダース氏は述べた。

さらに、「マックスには、自分のエネルギーのポジティブなはけ口が必要です。彼はじっと座っているタイプではありませんが、精神的にも肉体的にも活発にしてくれる人がいる家庭では成長するでしょう。」と続けた。

サンダース氏によると、保護施設では彼らはマックスが「ピーターパン症候群」だと言いたがるという。 彼は6歳ですが、心はまだ子犬で、典型的な子犬のエネルギーがたっぷりあります。

米国の避難所番号

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に収容されており、その量は1日平均1万7,260匹に上る。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めている。

ニューヨーク市の動物保護センターでは、10月だけで合計1,243匹の犬と猫が保護施設に入った。 このシェルターは、できるだけ多くのペットを家で飼うことに取り組んでいます。 ACCのウェブサイトによると、10月には197匹のペットの引き渡しを阻止し、120匹のボラブレドを家に返すことができたという。

コメントする