飼い主の歩く速度が遅すぎるとハスキーが面白い反応「行こうよ」

ある犬が飼い主とのゆっくりとした散歩中にイライラを露わにしたため、人々が縫合する事態に陥った。

生後15か月のハスキー犬オーディンは、散歩中に後ろ足で体を前に引っ張るという面白い習慣で注目を集めています。

この子犬はドバイで飼い主のイルムさんと一緒に暮らしていると、イルムさんは語った。 ニューズウィーク: 「彼がそうするのは、興奮しすぎているときか、私がゆっくり歩いているときだけです。それは、お母さん、なぜそんなに遅いの、行きましょう、と私に言う彼の方法です。」

リードの上で歩くことを学ぶことは、どの犬にとっても不可欠なスキルですが、訓練中に慣れるまでに少し時間がかかる場合があります。

特に犬が散歩に興奮しているときにリードを引っ張ることは珍しいことではありません。

オーディンのビデオは Reddit の r/AnimalsBeingDerps サブレディットで共有され、11,000 を超える賛成票が集まっています。

「人々がこのようなコンテンツを好んで楽しんでいるから、Redditに投稿したのです」とイルム氏は語った。 「私はたまたまハスキーの面白いビデオを作成したので、よし、やってみようと思いました。正直、これほど多くの人がこのビデオを気に入ってくれるとは思っていませんでした。そして、反応は素晴らしかったです。」

何百ものコメントで、人々はオーディンの面白い行動に対する反応を共有しました。

「彼はそりのスピードを上げようとしているんだ」と、あるレディユーザーはこの犬のハスキー系の血統に触れながら冗談を言った。

別の人は「ヴルーム・ヴルームに相当する犬だ!」と冗談を言った。

他の返信では、飼い主が今後引っ張り癖を防ぐ方法についてのヒントやアイデアも共有されていました。 オンのコメント投稿者は、「ハスキーの飼い主から別のハスキー犬の飼い主へ、フロントクリップハーネスを手に入れましょう!これで歩くのがずっと楽になります。」と述べました。

ビデオの中で、オーディンは後ろ足で精力的に前に体を引っ張り、より速いペースへの欲求を明確に伝えました。 視聴者はオーディンの元気な性格に夢中になり、多くの人が彼の知性と愛らしいせっかちさを賞賛しました。

「Redditorsの本当にクリエイティブな面白いコメントが気に入りました」とIrm氏は語った。

しかし、犬の訓練を疑問視する人もいたため、すべてのコメントが肯定的だったわけではない。 しかし、飼い主はこう説明した。「数秒の映像から判断して、私の犬の訓練が不十分だと思った人もいるが、全くそんなことはない」とイルムさんは語った。 「彼は首輪とハーネスの両方について訓練を受けています。彼は賢く、愛情深く、とても愛されています。」

コメントする