初めて海を見た救助犬の反応が心を和ませる

休暇中に子犬を甘やかしたことがない人はいないでしょうか? ワシントン州の犬の飼い主が、クリスマスに保護した犬を台無しにしてしまったことを明かし、人々の心を溶かした。

ユーザー名mckenna_little_kで12月にTikTokで共有されたクリップには、彼女の子犬、ペパロニという名前のチョコレート色のラブラドールが、プレゼントである海への旅行を楽しんでいる様子が映されている。

この心温まるクリップには、「テキサスの救助犬を連れて初めて海を見に行きました」というキャプションが付いている。

彼らの旅の最初の目的地はパップカップで、その後ハイキングをし、グーニーズの家に寄り道しました。 それから彼らはその夜B&Bに立ち寄って、そこでおやつをもらいました。

キャプションは続けて、「居心地の良い夜を過ごした後…彼はそれを見ました!!! たくさんの新しい匂いが!! 彼はそれが大好きです!! 彼が幸せそうにしているのを見ることほど私にとって嬉しいことはありません!」 続いて「ペパロニはクリスマスプレゼントを気に入ってくれたと思います。」

すべての犬が水が好きなわけではありませんが、ラブラドールは間違いなく水が好きです。 ASPCA Pet Insuranceによると、彼らは「ほとんど魚」と言えるほど水が大好きだという。

ただし、ウェブサイトは、「ラブラドールレトリバーを水の中に入れるときは、小さな子供を見るように彼らを見守ってください。彼らが逃げ道を確保していることを確認し、パニックになったり苦労しているように見えないようにしてください。」と警告しています。

「ラブラドールの水泳本能により、ほとんどの犬は水の中でリラックスしますが、若い犬、老犬、体力がまだ備わっていない犬はすぐに逃げ出すため、岸に簡単にアクセスする必要があります。安全のため、犬用ライフジャケットの購入を検討したいのですが。」

@mckenna_little_k

ペパロニは彼のクリスマスプレゼントを気に入ってくれたと思います:’) #rescuedog #pepperoni #reactivedog #pnw #oregoncoast

♬ 海岸線 – ホロー・コーブ

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 これまでに61万8,600回以上の閲覧と12万1,100件以上の「いいね!」を獲得している。

ユーザーの一人、サンドラさんは「すべての犬がこのように愛と冒険に満ちた人生を送れたらいいのに」とコメントした。 そしてジェニファー・カービーは、「テキサスでの救助体験で初めて雪を見たことが、私と彼女にとって核となる記憶のすべてでした」と語った。 ワイリーウィンさんは「生きた魂を引き取ってくれた皆さんに感謝します!」と付け加えた。

ニューズウィーク TikTokチャット経由でmckenna_little_kにコメントを求めた。 事件の詳細については確認できませんでした。

コメントする