恐怖の救助 おじいちゃんとの絆が心を溶かす:「犬は良い人を知っている」

「男性が怖い」ことで知られる元保護犬が飼い主の父親と抱き合う動画がTikTokで話題になった。

この動画はキャンディス・イェーツ(@onthecanwithcandice)が投稿したもので、2023年12月26日に初めて共有されて以来、96万回以上再生されている。

バージニア州南西部のラッセル郡で撮影された映像には、「保護施設から男性が怖いと言われたとき、両親の訪問にどう対処するだろうかと思った」というメッセージが重ねてあった。

映像には、犬がソファに座っている男性と交流し、胸の上に横たわったり、男性からお腹をさすってもらったり、一緒に遊んだりするさまざまなショットが映っていた。

この投稿にはキャプションが添えられており、「犬には人間のことを知る方法があると言われています…私の父も犬のお墨付きをもらっているようです」と書かれていた。

@onthecanwithcandice

犬には人のことを知る方法があると言います…私の父は犬のお墨付きをもらったようです🐶💕🎄 #dogsknowwhatsup #dadsanddogs #adoptdontshop #dogsatchristmas #shleterdog #corgimix #homefortheholidays #southwestvirginia

♬ オリジナル楽曲 – クリスマス!!🎄☃️

オンラインジャーナルに掲載された2019年3月の研究結果によると、社会的孤立は動物保護施設にいる犬にとって最大のストレス要因の一つである ピアJ

研究では、「人間との交流が保護犬のコルチゾール(ストレスを調節するホルモン)を減少させることが示されており、より長い時間交流することでより大きな効果が得られる可能性がある」と研究は指摘している。

研究によると、「犬のコルチゾール:クレアチニン(腎臓から排出される正常な代謝の副産物)の比率は、里親滞在中に大幅に低下したが、保護施設に戻った後はベースラインレベルに戻った」という。

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入り、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

「犬は良い人をすぐに知る」

一部の TikTok ユーザーは、最新のバイラルクリップの父親に対する犬の反応に胸が熱くなりました。

リンジー・ミークスさんは、「あなたのお父さんは私のお父さんに似ています。すべての動物や子供たちは彼に引き寄せられます。」と述べました。 元の投稿者は「『お父さんが見つかった』と言って、私たちが手に入れた犬の数はこれだけだ」と答えた。

ユーザーのbtenenbaumさんは、「ただの男性ではなく、おじいちゃんもいるから、彼女は自分が安全だとわかっている」と語った。

ユーザーのsimplesandthatさんは、「私の姉の犬も男性全員を怖がりますが、おじいちゃんはおじいちゃんなので気にしません。子犬はいつも知っています。」と書いています。

アマンダもこれに同意し、「犬は良い人をすぐに知っているのです」と言いました。

Summer1988は、「彼女は悪い男を恐れている!! 彼女はこれが良いものであることを知っている。」と述べた。

ユーザー debcurrier5 は、「彼女は、いい男に出会ったら、明らかにその人を知っています。」と述べました。

ニューズウィーク はTikTokを通じて元の投稿者にコメントを求めました。 このビデオは独自に検証されていません。

コメントする