ドッグフードのリコール、16州のペット飼い主に緊急警告発令

ある企業は、ペットとその飼い主に有害な可能性があるサルモネラ菌とリステリア菌が製品に含まれているとして、リコールを拡大した。

ブルーリッジビーフのペットフード会社は1月3日、「追加のロット番号を含めるようにリコールを拡大する」と発表し、ロット番号が記載されている追加の州(2ポンドの子猫グラインド、2ポンドの子猫ミックス、2ポンドの子犬ミックス)を含むと発表した。に配布されました。

回収命令によると、製品はコネチカット、フロリダ、アイオワ、イリノイ、マサチューセッツ、メリーランド、ノースカロライナ、ニューヨーク、ミシガン、オハイオ、オレゴン、ペンシルバニア、ロードアイランド、テネシー、バージニア、ウィスコンシン。

これまでリコール対象製品はコネチカット州、マサチューセッツ州、ノースカロライナ州、ペンシルベニア州、ニューヨーク州、メリーランド州、バージニア州としてリストされていた。

影響を受ける製品は、N24 1114 から N24 1224 までのすべてのロット番号と使用期限です。この番号は、製品が入っているチューブの端にある銀色の部分に記載されています。リコールで言及された製品はすべて配布されました。 2023 年 11 月 14 日から 12 月 20 日まで。

米国食品医薬品局(FDA)のウェブサイトに掲載された声明によると、同製品を食べたペットが感染した場合、「元気がなくなり、下痢や血の混じった下痢、発熱、嘔吐」を引き起こすリスクがあるという。

さらに、「一部のペットは食欲の低下、発熱、腹痛のみを示します。感染していても健康なペットでも保菌者となり、他の動物や人間に感染する可能性があります。」と述べています。

ペットの飼い主には、製品を扱った後は必ず手を洗うようにアドバイスされています。 サルモネラ菌は人々に「吐き気、嘔吐、下痢または血性下痢、腹痛、発熱」を引き起こし、さらに重篤な場合には動脈感染症などの病気を引き起こす可能性があります。

製品を購入したお客様は、Blue Ridge Beef に連絡して無料の返金を受けることをお勧めします。食品は破棄されます。

リコール勧告には「リコール対象製品を販売したり寄付したりしないでください。リコール対象製品をペットやその他の動物に与えないでください」と書かれている。 「ペットフードのボウル、カップ、保存容器を洗って消毒してください。リコール食品やリコール食品と接触する器具を扱った後は、必ず手を洗って消毒してください。」

ニューズウィーク ブルーリッジビーフにコメントを求めた。

ブルーリッジビーフのリコールは、2023年10月27日に行われたものと同じではない。8月9日から8月25日までに流通した同社のブリーダーズチョイス2ポンドは、サルモネラ菌検査で陽性反応を示した。

コメントする