「有害物質」を複数回過剰摂取した3匹の子犬が救出される

オピオイド、コカイン、その他の有害物質にさらされた子犬は、過剰摂取後も回復を続けているとカナダの動物保護施設が発表した。 ニューズウィーク

ブリティッシュコロンビア州動物虐待防止協会(BCSPCA)は、保護施設の12月26日のフェイスブック投稿によると、子犬のムース、ホーク、ベアがありがたいことに救出されたと発表した。

保護された時、子犬たちはいずれも生後約3カ月で、汚物の中で生活し、ゴミに覆われた狭い空間に閉じ込められているのが発見された。 BCSPCAによると、彼らは一定期間テーブルに縛り付けられ、自由に歩き回ることができず、有害物質にさらされたという。

それぞれの子犬はオピオイド、コカイン、メタンフェタミン、アンフェタミンにさらされており、獣医に連れて行かれ、過剰摂取後に注意深く監視されました。

BCSPCAはフェイスブックへの投稿で、「最も悲痛な点は、子犬たちがそれぞれ複数回、過剰摂取につながる有害物質にさらされたことだ。3頭の子犬はすべて、ひどい状態にあったため獣医師の治療を受けるために急いで運ばれた」と述べた。

BCSPCAのコミュニケーション担当シニアマネージャー、カイラ・バトラー氏はこう語った。 ニューズウィーク ムースとホークはすぐに回復しましたが、ベアはさらにケアが必要だったということです。

「彼らは警察の捜査後、地元の動物管理局からBCSPCAの保護下に置かれ、すぐに獣医師の元に運ばれた」とバトラー氏は語った。 「ムースとホークは非常に早く回復し、子犬のような行動を取り戻し、定期的に遊んだり、噛んだり、食事をしたりして、二人とも人生にとても興奮していました。

「一方、ベアは極度に無気力だった。一日のほとんどを眠っていて、非常に鮮明な夢を見ており、行動から判断すると、おそらく幻覚が続いていたと思われる。」

「これは約1週間続き、獣医師のアドバイスの下、BCSPCAスタッフによって継続的に観察された」とバトラー氏は付け加えた。

「すぐに、ベアも里親の家の他の犬を追いかけ始め、おもちゃで遊び、散歩に興奮し、エネルギーを消費することに熱心になりました。」

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年約630万頭の伴侶動物が米国の保護施設に入る。 そのうち、およそ310万頭が犬、320万頭が猫です。

310万頭の犬のうち、毎年39万頭が安楽死させられています。 多くの場合、完全に健康で養子縁組に適した犬が、全国の保護施設に収容するスペースがないために眠らされることがあります。

毎年、保護施設で殺処分される犬猫の総数は、2011年の260万匹から現在は92万匹まで減少している。 ASPCAによると、その理由の一部は、ペットを買うのではなく引き取ることを選ぶ人が増えていることだという。

コメントする