歴史的な投票で犬肉が禁止される

韓国議会が火曜日、食用としての動物の屠殺と犬肉の販売を禁止する法案をほぼ全会一致で可決したことを受け、韓国では2027年までに犬肉が非合法化される予定となっている。

この国では犬肉を食べることは何世紀にもわたる伝統であり、かつては夏の暑さと湿気の中で人々のエネルギーを向上させると信じられていました。 しかし、この習慣はますます人気がなくなり、特に若い世代の間ではめったに見られなくなりました。

韓国では犬を飼う人が多く、犬の飼育方法や屠殺方法に対する批判の中で犬肉取引をめぐる論争が高まっている。 食用として飼育されている犬のほとんどは感電死するか首吊りにされています。 ユン・ソクヨル大統領夫妻は6匹の愛犬を飼っており、以前にも犬肉取引に反対の声を上げていた。

この歴史的な法案は月曜日に超党派の農業委員会によって初めて承認された後、208票、棄権2票で可決された。 この法律は、ブリーダーや肉屋などの業界で働く人々が他の仕事を見つけることを許可する3年間の猶予期間を認めている。 しかし2027年からは、法律違反には最高3年の懲役または3,000万ウォン(約2万2,800ドル)の罰金が科せられることになる。

同国では動物活動家らによる犬肉取引に対する抗議活動が何年も続いている。 しかし、業界関係者からはこの法案に反対の声も上がっている。 11月には食用犬のブリーダー約200人からなる団体が法案の廃案を求める集会を開催した。 農水省は、2022年4月時点で約1,100の農場が年間約57万頭の犬を飼育し、約1,600のレストランで提供されていると推定している。

しかし、この料理を食べることを選ぶのは通常、高齢の韓国人だけであり、この業界は衰退しつつあった。 ソウルに本拠を置くシンクタンク、動物福祉意識・研究・教育が月曜日に発表した調査では、回答者の94%以上が過去1年以内に犬肉を食べていないと答え、約93%が今年は食べないと答えた。未来。

韓国人道協会の事務局長チョン・ア・チェさんは、生きている間にこの禁止令を見て驚いたとBBCに語った。 「この変化が遅すぎた何百万頭もの犬たちのことを思うと心が張り裂けそうですが、韓国が歴史のこの悲惨な一章を終わらせ、犬に優しい未来を受け入れることができたことをとても嬉しく思います」と彼女は語った。

これは発展途上の物語です。

コメントする