保護した子犬の変貌に女性ショック「知るべきだった」

ある犬の飼い主は、引き取った犬の体重が80ポンドにまで成長したことにショックを受けたと明かした。

TikTokユーザーの@lifeofkodabearさんは、小さくてかわいい犬だと思って引き取ったものの、最終的には80ポンドの驚きの犬を飼うことになったという自身の旅をシェアした。 再生回数170万回を超える11月の動画で、飼い主はピットブルとオーストラリアンシェパードのミックス犬コーダの子犬の愛らしい映像をシェアした。

もちろん、救助犬がどのくらいの大きさに成長するかを予測することは困難です。 犬種、遺伝学、親犬の大きさはすべて、犬の大きさを決定する重要な要素ですが、保護者が世話をする犬の完全な履歴を取得することはめったにありません。つまり、遺伝的背景を予測するのは難しい場合があります。 雑種犬では、サイズの予測がより困難になります。

話題となった動画のキャプションには「『父親が誰なのか分からない』と言われた瞬間に分かっていたはずだった」とあり、動画に重ねて表示されたテキストには「救出:『彼の母親は45ポンドなので、おそらく彼はそうなるだろう』と書かれている」と書かれている。しかし、ビデオが飼い主の隣にそびえ立っている完全に成長したコーダの画像に切り替わると、プロットのねじれが明らかになります。 オーバーレイされたテキストには、最終的に体重80ポンドまで成長した犬を引き取ることになったことがユーモラスに書かれている。

@lifeofkodabear

彼らが「お父さんが誰なのか分からない」と言った瞬間にわかっていたはずです #rescuedog #dogsoftiktok #puppiesoftiktok #largebreed #largebreedlovers #adoptdontshop #aussie #merleaussie #doglover #dog #puppy #puppylove #fyp

♬ Boozoos ワッフルフライ – カイル・デニグリス

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

TikTok投稿のコメントセクションには、同様の経験を共有するユーザーが殺到した。 ダーシーさんはこう書いている。「ここでも同じだ。私たちはゴミをすべて拾ったし、お父さんもお母さんも体重は45ポンドだった。それでも、どういうわけか最終的には85ポンドの犬を産んだんだ。」

同様に、TikTok視聴者のベスも「私のバーネドゥードルは50〜65歳だと言っていた。私たちは115歳で計測した」と投稿した。 ユーザーの主人公は、「同じことだよ、爆笑(笑いながら)彼らはたぶん60ポンドかもしれないって言ってたけど、彼は105ポンドだよ」と付け加えた。

愛犬が予想より少し大きくなってショックを受けるのは、幸田さんの飼い主だけではない。 別の男性は、飼っていたフレンチ ブルドッグが通常の 25 ポンドよりもはるかに大きくなり、45 ポンドに達したのを見て唖然としました。

TikTok には何千人ものフォロワーがおり、コーダの飼い主たちは、初めて雪を見たときから誕生日のお祝いまで、巨大救助犬との生活のすべてを共有しています。

ニューズウィーク TikTok経由で@lifeofkodabearにコメントを求めた。

コメントする