犬の足を綿棒で拭き取り、どのような細菌が増殖しているかを確認する際にインターネットが投資

好奇心旺盛なペットの飼い主が、犬の足にどのような細菌が繁殖しているかを調べる実験を実施しましたが、その結果は簡単に見ることができませんでした。

@ups.doctockというハンドル名でTikTokに投稿された12月の動画の中で、ピュージェット湾大学の微生物学の学生ホープ・フライシュマンさんは、ピットブルのコナの足を詳しく観察することにした。

フライシュマン氏はコナの右足の肉球を綿棒で採取した。 2日後、その結果、犬の足に多数の細菌が付着していることが判明し、インターネット上で大いに嫌悪感を抱いた。 実験とその結果を紹介するクリップは 730 万回以上視聴されています。

@ups.doctok

楽しい木曜日を! 次は何を綿棒に塗ればいいでしょうか? #微生物学 #微生物 #綿棒物語 #生物学 #大学 #マイクロバース #dogsoftiktok #pitbull

♬ オリジナル楽曲 – みーたん

このビデオは簡単に見ることができませんが、実際には、犬は口、被毛、足から細菌に覆われています。 飼い主に重大な健康上の問題を引き起こすことはほとんどありません。

その理由の一部は、ほとんどの人間の飼い主に到達するには回復力があり、かなりの量の虫が必要であり、犬の足に潜在的に有害な細菌が問題を引き起こすリスクが無視できるものになるためです。

だからといって、飼い主が手を洗ったり、犬歯を清潔に保つなどの賢明な予防策を取るのをやめるべきだという意味ではありませんが、現実には、私たちのようなもっと差し迫った懸念領域が他にもあるのです。

2021年、ユトレヒト大学獣医学部のヤスミン・ヴォス氏、ジョリス・ワインカー氏、ポール・オーバーガウ氏は、50頭の補助犬の足とその利用者の靴底からサンプルを採取した。

比較のために、このトリオは、同様に大規模なペットの犬とその飼い主のグループも調査した。 研究者らはサンプルのうんち細菌を検査した(腸内細菌科)、これは屋外でよく見られますが、別の下痢性細菌(クロストリジウム・ディフィシル)。

彼らは、犬の足は飼い主の靴底よりもきれいである傾向があることを発見しました。

しかし、この点において犬は間違いなく飼い主よりも清潔であるという主張は科学的に裏付けられているかもしれないが、フライシュマン氏の実験結果は依然としてTikTokの視聴者を憤慨させ、多くの人が同じことを言っている。

あるユーザーは「そして人々は今でもペットが一緒のベッドで寝ることを許可している」と書き、別のユーザーはこう付け加えた。「そして人々は、なぜ自分の犬に専用のベッドを持たせたいのか疑問に思っている」

調査結果を気にしなかった人もいた。 あるユーザーは「私はまだ犬の足にキスするつもりだ」と投稿し、別のユーザーは「つまり、子犬の前足で顔にパテケーキを押し付けてはいけないと言っているのですね」とコメントした。

別の場所では、ある知識豊富なユーザーは次のように書いている。「これを見て『もう犬の足には触れられない』と思っているなら、息を吹きかけたら同じように見えるだろうということを知っておいてください。微生物はどこにでも存在します。」

コメントする