トイレが必要な犬が外気温がマイナス40度であることに気づき笑い声「我慢するよ」

今度、小雨が降って犬の散歩を諦めたら、カナダのアルバータ州北部でマイナス40度の気温にも耐えたトニー・ニックとその救助犬を思い出してください。

彼のTikTokアカウント@tonynickoに投稿された動画では、ニックの犬が外に出ようと裏口のそばに立っているのが見られる。

「外に出たい?いいよ」ドアを開けると厚い雪が現れる前に、彼の声が聞こえた。 冷たい風が戸口を吹き抜けると、犬はすぐに暖かい家の中に戻り、よく考え、ニックの笑い声が聞こえます。

「POV: あなたの犬はおしっこしなければなりませんが、外はマイナス40度です」とテキストが書かれています。

このビデオは2,070万人が視聴しており、彼の唯一の他のビデオでは、ニックが愛犬と氷の散歩をしている姿を撮影しており、その犬のことを「50%がマリノア、25%がスタフィー、そしてセントポールのマラミュートが同数」と説明している。バーナードとボーダーコリーです。」

「私の犬は、足が冷たくなりすぎるまでに5分も歩くことしかできません」と彼は2番目のビデオで語ります。 「彼女がブーツを履いたままであればもっとできるのに、彼女はそうしません。」

コメントでは多くのユーザーがニックに、愛犬のためにジャケットとブーツを買うよう促した。

「彼女にコートやブーツが必要だとコメントしている人たち、信じてください。彼女は大丈夫です。そんなに寒いときは、ほんの数分だけ外出します」と彼はコメントで説明した。

彼は別のコメントで、「私たちはここに行かなければなりません。1月の平均日最低気温は-20℃(-4°F)です。私は家を20-21℃(68-70°F)程度に保っています。強制的に天然ガス暖房を使用しています。」と述べています。 」

カナダ西部に位置するアルバータ州は先週末、記録的な寒さでニュースになった。

「アルバータ州では、日曜日の朝、気温が1世代前に最後に観測されたレベルに戻った」とウェザー・ネットワークが報じた。 「ケグ川では-51.5℃という記録的な最低気温を記録し、カナダでは今シーズン2回目、アルバータ州ではこの20年で3回目の-50℃を記録した。この期間に同州で初めて-50℃を記録したのは、2004年のワースリーの-52℃であった。」

@tonynicko

#polarvortex #canada_life🇨🇦 #doglife

♬ オリジナル楽曲 – みやび

@tonynicko

カナダ放送協会(CBC)によると、アルバータ州エドモントン市は1972年以来、一晩の最低気温がマイナス40度に達したことがなく、異常気象がアルバータ州のインフラに大きな負担をかけている。

「木曜日、アルバータ州が極寒の天候に見舞われたため、アルバータ州の電力需要は毎時最高の12,384メガワットに達したとアルバータ州電力系統運営会社が発表した」とCBCは報じた。

「火曜日から木曜日の夜にかけて、アルバータ州自動車協会は州全域で1万件を超えるロードサービスの要請を受け取りました。

「一部の地域では、通話量が通常の最大9倍に達しており、最も一般的なトラブルはバッテリー切れです。」

異常気象に対する救助犬の反応は、確かに視聴者の面白い心をくすぐりました。

「気にしないで、私が我慢します、ロフル」とユーザーの一人は言った。

あるユーザーは「冷凍庫のドアを開けるようなものだ」とコメントした。

別のユーザーは「うちの猫は外に出てすぐに吐いた」と書いた。

ニューズウィーク はTikTok経由で@tonynickoにコメントを求めた。

コメントする