飼い主の足にしがみつき安楽死させられた18歳の犬に涙

ある飼い主は、前の飼い主によって安楽死させるために保護施設に引きずり込まれた保護犬の一周忌を祝っている。

ノースカロライナ州シャーロットの保護施設に、シーモアという名前の18歳の犬が連れてこられたとき、心が張り裂けそうになった。前の飼い主はこの犬の安楽死を望んでいた。 シーモアはかろうじて歩くことができ、飼い主の足にしがみついていました。 それでも前オーナーの考えは変わりませんでした。

しかし、TikTok ユーザー @chrissyfnf は、これらの出来事が目の前で繰り広げられるのを目の当たりにしたので、適切なタイミングで適切な場所にいたことについて話します。 シニア犬には皮膚が腐り、感染症が起こり、腫瘍ができていました。 彼女はすぐに介入してシーモアを救った。

1月のTikTok動画のキャプションには「あなたの老骨をあの床に寝かせて孤独死させるわけにはいかない」と書かれている。

最近の TikTok ビデオでは、シーモアが望まれずに病気になっていた状態から、最高の人生を送るまでに変わっていく様子が描かれています。 飼い主はキャプションで、自分の救出活動として始まったが、昨年になってシーモアが彼女を救ったことが判明したと述べた。

もうすぐ19歳になるシーモアさんは、この1年間、家族内でさまざまな誕生日を祝いました。 彼は子供たちと一緒にハロウィーンの仮装をし、火のそばで寄り添いながらホリデーシーズンを満喫した。

無私無欲の救出劇は48万5,600回以上の再生回数と5万9,000件以上の「いいね」を獲得し、視聴者の涙を誘った。

あるTikTokユーザーは「すすり泣いている。どうやって先輩にこんなことができるのか分からない!私のものを取り戻すためなら何でもする!彼を受け入れてくれてありがとう…」と書き込んだ。

別のユーザー: 「うれしくて涙が止まらないです。あなたはこの大切な赤ちゃんを連れて行くという黄金の心を持っています。」

オーナーは言いました ニューズウィーク 救助についての認識を広めることは重要であり、シーモアの話は何百万人もの人々に届けられました。 彼の救出のオリジナルビデオは200万回近く再生されました。

シーモアはハッピーエンドを迎え、愛する家族とともに黄金期を過ごしますが、残念ながらすべてのペットが同じ運命をたどるわけではありません。

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

コメントする