コロラド工場には製品破壊者のためのペットの「恥の壁」がある

パズル工場の展示は、よくある問題、つまりペットがパズルのピースを手に入れたら何が起こるか、に対するユニークなトリビュートとして注目を集めています。

コロラド州ボルダーにあるリバティ パズル ファクトリーの特別セクションには、貴重なパズルのピースを食べたり切断したりするという、世界中のパズル愛好家の目に究極の犯罪を犯したペットの写真で埋め尽くされた悪名高い「恥の壁」が設置されています。

テキサス州オースティン在住のパズルファンのエルさんは、訪問中にその展示に喜び、写真を撮ってレディットでシェアしたが、その後何千人もの人々が縫うような傷を負った。

「面白いと思って、かなりの時間をそれを見て過ごしました。写真を撮る許可をもらいました。それを見た人が幸せになれると思ったので、レディットで共有したいと思いました」とエルは語った。 ニューズウィーク

2005 年に設立されたリバティ パズルズは、一緒にパズルを楽しんだ家族の思い出の歴史にインスピレーションを得た木製ジグソーパズルを作成しています。 ニューズウィーク Liberty Puzzles に電子メールで問い合わせました。

パズルピースの略奪の余波に対抗するために、リバティ パズル ファクトリーは斬新なアプローチを考案しました。 従来のように交換部品の代金を支払う代わりに、同工場は影響を受ける顧客に対し、パズルを盗んだペットのスナップショットを送るよう勧めている。 それは風変わりなやりとりであり、災難をペットのふざけた心温まる表現に変えます。

「Wall of Shame」には、いたずらに巻き込まれたペットのモンタージュが展示されています。 エルさんは「ほとんどが犬だった」と明かしたが、1匹の魚には気づいたという。

「残念なことに、従業員たちは金魚の話を知りませんでした。なぜなら、金魚のほうがそこで働いていた期間よりもずっと長く存在していたからです」とエルさんは語った。

Reddit の r/mildlyinteresting サブレディットで壁の写真を共有したところ、29,000 件以上の賛成票と数百件のコメントを獲得しました。

あるコメント投稿者はこれを「犯罪的に愛らしい」と呼び、別のコメント投稿者は「恥の壁のパズルを作るべきだ」と提案した。

壁にあったのは動物だけではなく、パズルのピースを傷つけたと思われるものの例としては、自動掃除機、洗濯機、さらには ゲーム・オブ・スローンズ 理由は不明ですが、サーセイというキャラクターです。

「ある程度の反応はあるだろうとは思っていたが、これほど注目されるとは予想していなかった。これほど多くの人に喜びをもたらし、そうすることで中小企業に光を当てることができてうれしい」とエルさんは語った。 「リバティ パズル ファクトリーはあらゆる評価を受けるに値します。パズルは芸術作品です。」

コメントする