空港で一人ぼっちで「迷子になって混乱している」犬を女性が発見

空港を旅行していた女性が、ターミナル内を徘徊している迷子の犬を発見したことをきっかけに、特別な連絡をとりました。

1月13日、オリビア・“リブ”・ハードウィックさんは、イタリアのベニス行きの飛行機に乗るのを待っているときに、マルチーズ・テリアに出会った。

犬が一人でいそうなことに気づいたスキーインストラクターは、TikTokを通じて飼い主を探し始めた。 ドイツのフランクフルト空港でのハードウィックの探求のビデオは急速に広まり、再生回数は 623,000 回を超えました。

30歳の彼はこう言った ニューズウィーク: 「犬は道に迷って混乱しているようでした。」 彼女は、最初は空港の保安検査場で並んでいたときに、犬に挨拶しようと腰をかがめたと説明した。

「犬はまっすぐ私のほうに来て、その後も私のそばから離れませんでした」と彼女は語った。

確認はされていないが、ハードウィック氏は、犬が空港に「住んでいた」可能性があると理論づけた。 ハードウィックさんは動画の中で自分の毛皮について懸念を表明し、自分は「ドレッドヘア」だったと主張しており、この犬は以前よりは良い日々を過ごしているようだ。

英国出身のハードウィックさんは、「空港の周りを散歩している犬を放っておきたくないので、どうすればいいのか分からなかった」と語った。

10分ほどオーナーに尋ね回った後、ハードウィックさんは自分の手で問題を解決し、空港の警察署に出向いた。

「犬をたくさん抱っこして、私の手から水を飲ませました。とても喉が渇いていました!」 彼女は言いました ニューズウィーク: 「警察はなぜ私がフランクフルト空港で迷子犬を見つけたのか非常に困惑した様子で、飼い主との再会を試みると説明しました。」

ハードウィックさんは最終的にイタリア行きの飛行機に乗りましたが、犬のことがまだ頭から離れませんでした。 「1月27日にフランクフルトに戻る予定だったので、もし犬がまだそこにいたら引き取るつもりでした」と彼女は付け加えた。

しかし、犬は飼い主と再会したので、その必要はありませんでした。 ドイツ連邦警察の公式アカウントからの、以前は Twitter として知られていた X への投稿 (@bpol_air_fra) 1月16日に良いニュースを共有しました。

英語に翻訳されたこの投稿は1,700回閲覧され、「多くの人がこの小さな悪党に何が起こったのか私たちに尋ねてきました。良い知らせです。その同じ夜、私たちは彼の主人を見つけ、2人を元に戻しました。」と述べた。

ハードウィック君の珍しい出会いを映したTikTok動画は4万8000件以上の「いいね!」を集め、コメント欄には養子縁組の申し出が殺到した。

あるユーザーは「私と同じように動物が好きなら、スキー旅行はキャンセルされるだろう」と語った。

「思いやりのある人は、どこにいても物事を良くしてくれる」と別の人は称賛した。

3番目のコメントは「彼を連れて行ってください」と懇願した。

4番目のコメントは、「それは今あなたの犬です」と述べた。

ニューズウィーク フランクフルト空港警察に電子メールでコメントを求めた。

コメントする