子犬ブリーダーが空き家に「放置された」障害のある救助犬を保存

子犬ブリーダーによって「死なせるままにされた」障害のある保護犬が、困難をものともせず、幸せと本当の永遠の家を見つけました。

トイ・プードルのコアは、右後ろ足の関節が脱臼して生まれました。 マレーシアのセランゴール州ペタリン・ジャヤ在住のマリサ・クビナールさんは、「生後2カ月以内に治ったかもしれない」と語った。 ニューズウィーク。 「しかし、彼のブリーダーたちはそのようなお金を費やすつもりはありませんでした。」

マレーシアも世界の多くの国と同様、野良犬問題を抱えているとジャーナルに掲載された報告書が明らかになった。 BMC公衆衛生 その数は約600万人とされています。 コアがその数に入る可能性は十分にある。 しかし、彼はさらに深刻な状況に直面しました。

クビナールさんは、コアさんを売り出すのは難しいと判断し、コアさんを「廃屋で放置して死なせた」と告げられた。 彼女は、「近所の人たちが彼の声を聞き、救助者を呼ぶまで、彼は数日間食べ物も水も与えられなかった」と語った。

Cubinar は昨年、近所の WhatsApp グループを通じて初めて Koa について知りました。 「私はすぐに彼の獣医の診察代と食費を援助するために連絡を取りました」と彼女は語った。 「近所の人の一人が彼を養育していましたが、義務が必要だったために養子縁組をすることができませんでした。」 クビナーさんは当初、自分に若い犬の世話をする能力があるかどうか確信が持てなかった。

「子犬を飼う準備ができているかどうかわかりませんでした」と彼女は語った。 「しかし、数週間後、私のWhatsAppに広告が再び表示されたとき、私はパートナーと息子の助けを借りて、彼に永遠の家を与えることに決めました。」

コアは昨年10月に家族の一員になりました。 クビナーさんは、子犬の世話は大変な仕事だが、それだけの価値はあると認めている。 「ほとんどは甘かったですが、フルタイムで子犬の世話をするのは簡単ではありません」と彼女は言いました。 「私は仕事とコアの分離不安を両立させなければなりません。」

コアは右後ろ足のせいでトイレに行くのが難しいため、他の子犬よりも片づけが少し多くなり、特殊なおむつを着用することが知られています。 クビナーさんは、それがおそらく「最大の挑戦」だったことを認めているが、それ以外は「最も世話が簡単な子犬」であり、この子を迎えたことに後悔はないと主張している。

「彼は自分自身を楽しませ、いつも自分の環境を楽しんでいます。コアのような子犬には永遠の家が必要です」と彼女は言いました。 「コアは他の犬や他の動物も大好きです。猫や鳥も好きです。彼のお気に入りのことは、他の動物と触れ合える場所を訪れることです。」

コアは、クビナールとその家族から受けた愛と配慮のおかげで、目覚ましい変化を遂げました。 マリサクビナーというハンドル名でTikTokに共有された動画の中で、彼女は、体重わずか3.6キロの「痩せていて怖がり」だったプードルが、どのようにして体重5.7キロの「ハンサムな」プードルに成長したかを示した。

クビナール氏は、コアは子犬のときに必要だった手術を受けられなかったため、今後も右足を適切に使うのに苦労するだろうと述べた。 「現在、筋肉が成長して硬くなり、足も短くなり、足を持ち上げることができなくなり、歩くことができなくなりました」と彼女は語った。 「彼はまだ足を使って立ったり、自分自身を掻いたりすることができます。」

整形外科医に相談した結果、脚を固定しようとしてもコアさんにとっては苦痛を伴うものであり、望ましい結果が得られない可能性があることが判明した。 「我々は彼にこれ以上苦しんでほしくない」とクビナール氏は語った。

彼らが選択肢を模索している間、彼女は彼らの人生に保護された子犬という「ファイター」がいることをただ嬉しく思っています。 「コアは神からの贈り物として私のところに来たのではないかと思います」とクビナールさんは語った。 「彼は、コアが私を必要としているのと同じくらい、私もコアを必要としているのを知っていました。」

コメントする