意識を失った犬が玄関先に段ボール箱に捨てられ怒り「ただの赤ちゃん」

ペンシルベニア州で月曜日、女性の家のベランダにある段ボール箱の中に犬が捨てられ、瀕死の状態で発見された。

この悲惨な発見はジャニーン・グイドさんの母親によって報告されたが、当初は犬が死んでいると信じていたという。 彼女はすぐに、スペランザ動物保護団体の創設者である娘に電話しました。

「私はほとんど言葉を失いました。とてもたくさんの感情がありました。悲しく、気が狂いました。心配で、怖かったです」とグイドさんは語った。 ニューズウィーク

彼女は母親の家に急いで行き、よく見てみると、子犬は生きていることがわかりました。 しかし、彼の体調は良くありませんでした。 グイドさんによると、犬は「意識がなく、かろうじて呼吸している」状態で、急いでGIジョーという名前の犬に重篤な治療を受けさせたという。

グイドさんは「アマゾンの箱にメモが添付されていた。誰が置き去りにしたのかは分からない」と語った。

その悲痛なメモには、「私はとても良い犬ですが、前の飼い主が私を飼ったのはわずか1か月で、病気だとは言われませんでした。」と書かれていました。

メモの反対側には、「前の飼い主が何が悪かったのかわからないものを食べてしまいました。助けてください。彼女は私をとても愛していますが、お金がないのでどうやって助けていいかわかりません。」彼女は病気だ。”

グイドさんは発見後、フェイスブックへの投稿で「彼は1歳にもなっていない。ただの赤ん坊だ」と書いた。

GIジョーは月曜日に動物病院に到着した時点でひどい状態だった。 彼は発作に苦しんでおり、毛皮は乱れ、糞便と尿で覆われていました。

当初は死期が近いのではないかとの懸念があったにもかかわらず、この犬はクリニックで治療を受けてから驚くべき回復を遂げた。

スペランザ アニマル レスキューは、ペンシルバニア州メカニクスバーグにある 17.5 エーカーの農場で、虐待された動物や放置された動物の世話をするボランティア運営の救助、リハビリテーション センター、保護区です。

スペランツァ イタリア語で「希望」を意味し、グイドさんは虐待されたり放置されたりした動物たちにそれを提供することを目指している。 スペランツァには、養子に選ばれなかった人々のために、他の犬、豚、ヤギ、牛、猫と一緒に生活を楽しめる保護区があります。

MRIスキャンの結果、GIジョーには何も異常は見られず、獣医師は脊椎穿刺を行うことになった。 誰もが驚いたことに、医師はグイドにGIジョーの状態は「素晴らしい」と告げました。

「彼は進歩している。これは奇跡だ。まったく反応しなかったからね」とグイド氏は語った。

彼女によると、ジョーは今では起きて自分で食事をするようになり、数日前まで無反応で激しい発作を起こしていた状態からは驚くべき回復を見せているという。

グイドさんは、溢れんばかりの支援、祈り、ソーシャルメディアでのシェアがGIジョーの回復への道に重要な役割を果たしたと信じている。 水曜日、彼女は彼が自分で歩くことができると共有した。

「彼が成長し続けることを願っている」とグイドは語った。 「(私たちは)今、一日一日を受け止めています。」

コメントする