生後1年の救助犬、憂慮すべき無視のせいで「老人のように見える」

短い人生の中で無視されること以外ほとんど何も知らなかった1歳の保護犬が、ついに切実に必要としていた愛情とケアを手に入れた。

ASPCA は、米国では毎年 310 万匹もの犬が動物保護施設に入っていると推定しています。 フレンチ ブルドッグのミックス犬グロメットが、毎年 4,000 匹を超えるホームレスのペットに救命ケアと保護施設を提供するフロリダ州の保護団体、ブロワード郡人道協会に到着したときのような状態だった人は、たとえいたとしてもほとんどいないでしょう。

「グロメットはここブロワード郡の動物管理職員によって没収され、地元の動物管理施設に連れて行かれました」とブロワード郡人道協会のスーザン・レオンティ氏は語った。 ニューズウィーク

「グロメットさんは長期にわたる虐待に起因する広範囲にわたる医学的問題のため、ブロワード郡の人道協会に移送され、当院で適切な治療を受けることができました。」

保護施設がTikTokに投稿した動画では、グロメットさんの負傷の程度が明らかになっている。 キャプションには「グロメット君はまだ1歳だが、見た目は老人のようだ」と書かれている。

グロメットさんが保護施設に到着する前に何が起こったのか詳細は不明だが、明らかなのは彼がひどい虐待を受けていたということだ。

「私たちの保護施設に到着するまでのグロメットの生活の詳細はわかりませんが、彼の怪我は、生涯ではないにしても、ほとんどの期間を檻の中に入れられていた犬の証拠を示しています」とレオンティ氏は述べた。

「グロメットはひどくやつれていて、爪が伸びすぎたり、自分の尿の中に立っていたために脚や足に火傷を負ったりするなど、全身に無視の兆候が見られました。」

グロメットさんは爪が伸びすぎて歩くことが困難になり、さらに自分の足の裏をかじってしまうほどの重度の苦痛の状態で発見された。

ありがたいことに、この若い子犬にとって暗い日々は終わりました。彼はすでにブロワード郡の動物愛護協会が費用を負担して提供した数多くの治療の恩恵を受けています。 それ以上に、グロメットはついに、すべての飼い犬にふさわしいもの、つまり愛情を手に入れました。

現在、病状のため養子に出すことはできませんが、レオンティさんは、自分に最適な家と飼い主の種類についてすでによく考えています。

「現在、グロメット君は医療養護施設にいるため、養子縁組には応じられません」と彼女は語った。 「彼の理想の永遠の家は、愛と安らぎに満ちた家でしょう。それはこの可愛い犬が今まで知らなかったものです。」

レオンティ氏は当面、グロメット氏の話から重要なメッセージが伝わることを期待している。

「私たちの願いは、視聴者が地元の動物保護施設を支援し、次のペットを引き取ることの重要性を理解してもらうことです」と彼女は語った。 「グロメットは、最も忘れ去られ、虐待された動物たちでも、どのようにして生きる二度目のチャンスを得ることができるかを示す一例です。」

コメントする