車椅子が出てくると興奮を隠せない障害のある犬「ズーミー」

シニア犬のスクーティは、瀕死の交通事故で背中と腰の両方に重傷を負い、12年間の大部分を車椅子で生活してきた。 元野良犬は2012年にメキシコで身元不明の運転手にはねられ、放置されて死亡していた。

あらゆる逆境にもかかわらず、スクーティはカリフォルニア州の 26 歳の女性によって救出され、リハビリを受けました。 彼女は現在、サンディエゴで一緒に住んでおり、最近、車椅子への愛を捉えたソーシャルメディアビデオが拡散し、オンラインで多くの人の心を掴んでいます。

1月26日にTikTokに初めて共有されて以来、610万回以上視聴されているこのバイラルビデオには、車椅子で走り回るスクーティの断片や、それを見るだけで発光するスクーティの断片が含まれていた。 「彼女は午後のズーミーが大好き」とキャプションが付けられたこの心温まるクリップは、陽気なロックンロール音楽に合わせて流れた。

「スクーティを12年前にメキシコで街路犬として車に轢かれて引き取ったのですが、背中と両腰を骨折していましたが、それでもとても幸せそうでした」とスクーティの飼い主エリカさんは語った。 ニューズウィーク

「すぐに彼女に車椅子を与えました。彼女はすぐにそれに慣れました。彼女はいつも車椅子が大好きで、いつも車椅子に乗り回しています。あと数週間で13歳になりますが、今でも走ったり遊んだりするのが大好きです。」

「彼女を引き取ったとき、私はまだ26歳でした。彼女は私にとって初めての犬でした。私は車椅子に乗った犬を見たことも、どこで飼えるかも知りませんでしたが、一緒に成長するにつれて、2人とも一緒に物事を理解していきました」と彼女は語った。追加した。

スクーティは数年前に「地球上で最も幸せな犬」として賞を受賞していた。

コメントには何が書かれていますか?

1月26日に@super_scootyによってソーシャルメディアプラットフォームに共有されて以来、TikTokの投稿は50万人以上のユーザーに「いいね!」され、3,000回以上コメントが付けられている。

あるユーザーは「これで一日が楽しくなった」と書いている。

別のユーザーは、「彼女が後ろ足を動かそうとしている様子!」と付け加えた。

「なぜ私は泣いているのですか」と3人目のTikTokユーザーがシェアした。

別のTikTokerは「この犬は地球上で一番幸せな犬だ。世話してくれてありがとう」とコメントした。

コメントする