アマゾンの配達ドライバーが犬を撃った

アラバマ州のある家族は、日曜日にアマゾンの配達員が飼い犬を撃ったと話した。

ローズ・カークさんはバーミンガム報道局WBRCに対し、銃声を聞いたとき、家族の犬、ソーラーとルナーが自宅のベランダの椅子に横たわっていたと語った。

カーク氏は同局に対し、配達運転手がソーラー氏を撃ったと語った。 弾丸はソーラーさんの肩に入り、胸を通って抜けた。 ソーラさんは銃撃を受けて生き残ったが、内出血が残っており、数千ドルかかる手術が必要になるだろうとカーク氏は語った。

ヒューイタウン警察によると、運転手は正当防衛で発砲したという。 しかしカークさんはこれに同意せず、運転手が彼女の敷地内にいる理由はないと述べた。

「二人とも椅子に座っていました。彼はそれに気づきましたが、後ずさりするどころか、後ずさりしませんでした」と彼女は語った。 「私は荷物を注文したことはありません。彼が私の敷地内にいる理由はありませんでした。」

家族はGoFundMeページを開設し、ソーラーさんの獣医療費を賄うための寄付を募っている。

「アマゾンの運転手がバンから降りてポーチに上がり、ソーラーさんを撃った」とサシ・カークさんは同ページに書いた。 「彼にはルナーという名前の妹がいます。彼女は兄が撃たれるのを目撃し、恐怖で泣き、震えています。」

アマゾンの広報担当者は署への声明で、ドライバーが武器を携行するのは同社の方針に反すると述べた。

「我々は顧客と連絡を取り合っており、ヒューイタウン警察署の捜査にも協力している」と広報担当者は述べた。 「関与したドライバーは現在、Amazon への荷物の配達を行っていません。」

これは開発中の話であり、さらなる情報が入手でき次第更新されます。

コメントする