放置されたまま放置され、毛皮がほぼすべて抜け落ちた犬

毛がほとんど抜け落ちて放置された悲惨な状態の犬が保護された。

アイルランドのダブリン動物虐待防止協会(DSPCA)が運営する保護施設に到着するまでのペギーの人生についてはほとんど知られていないが、彼女が大きな苦しみを味わったことは明らかだ。

DSPCAの広報担当者は「彼女はこのように野良犬として発見された。およそ6歳だ」と語った。 ニューズウィーク。 ペギーを見れば、彼女の話にはさらに多くのことがあり、良いことはあったとしてもほとんどないことがわかります。

DSPCAがソーシャルメディアに投稿したビデオは、ペギーが長期間の放置中に負った恐ろしい怪我のリストを明らかにした。

ペギーは重度の疥癬を抱えて到着し、毛皮をほぼすべて失ってしまいました。 彼女は体重が低く、爪が伸びすぎ、歯科疾患、重度の結膜炎、そして両目の第三眼瞼腺の脱出または飛び出しを表す一般用語「チェリーアイ」を患っています。

DSPCAはビデオとともに「誰かが彼女をこのように放置した」と書いた。 保護施設が公開した33秒のビデオの中で、ペギーは当然のことながら心細そうな表情を浮かべている。 彼女は明らかに不快感を感じています。

DSPCA はすでに彼女の苦痛を軽減するための措置を講じていますが、さらに重要な措置は今後も予定されています。 DSPCAの広報担当者は、「彼女は肌のために特別な薬浴をし、目には目薬を飲み、体重を増やすために食事計画を立てている」と述べた。 「皮膚の状態が良くなり、十分な状態になったら、目の手術を受ける予定です。」

しかし今のところ、彼女は待たなければなりません。 「彼女は他の動物に伝染するので、他のペットから隔離しておかなければなりません」と彼らは述べた。

ペギーの傷は時間が経てば癒えるだろうが、その試練が彼女に残した心の傷の程度を知ることは不可能である。

犬の心的外傷後ストレス障害はまだ正式な用語ではないかもしれませんが、犬がこの状態に関連する症状を経験する可能性があることを示唆する証拠があります。

2012年、科学誌サイエンティフィック・リポートに寄稿した日本の研究者らによって発表された研究では、2011年の福島地震後に捨てられた犬は、同じレベルの地震を経験しなかった犬よりも、ストレスに関連するホルモンであるコルチゾールの分泌量が高かったことが判明した。トラウマ。

怒りの反応

ペギーの将来がどうなるにせよ、彼女の話がDSPCAをはじめとするアイルランドの多くの人々を当然のことながら怒らせていることは明らかだ。 保護施設にいるペギーの映像とともに、「こんなことに値する動物はいない。私たちはもっと良くしなければならない、もっと良くする必要がある」と書かれていた。

こうした感情は、ソーシャルメディア上のクリップにコメントした多くの人々からも同様だった。 あるユーザーは、「なぜ人はそんなに邪悪なのでしょうか?これは容認できません。そもそもなぜ犬を飼うのさえ気分が悪くなるのです。これを行った人は誰でも代償を払う必要があります。」と書いた。

2人目は「私たちは文明社会であるはずだ。胸が張り裂けるような」とコメントし、3人目は「目に涙があふれた。どうして動物をこれほどひどい扱いができるのか理解できない」と付け加えた。

ペギーは回復まで長い道のりに直面するかもしれないが、やがて彼女が永遠の家と、彼女にふさわしい愛情深い飼い主を見つけることを願っている。

DSPCAの広報担当者は、「彼女はシェルターに留まり、私たちの獣医師チームが彼女の移動に同意したら、里親施設に行く予定です」と語った。 ニューズウィーク

コメントする