リゾートスタッフが暴風雨の中で怯える野良犬を救出するために勇敢に行動する

米領ヴァージン諸島のリゾートホテルのスタッフが、この地域を襲う激しい嵐に巻き込まれた野良犬を救助した。

セント トーマス島のボロンゴ ベイ ビーチ リゾートのミカエル ドゥメンさんは、6 歳の野良犬ルビーが家族の保護を受けるまでの経緯を TikTok で共有しました。

Doumeng 氏は、50 年以上家族で経営しており、両親が所有するリゾートのマネージャーです。 「ボロンゴには米領ヴァージン諸島で長く豊かな歴史があり、その中には動物愛護への取り組みも含まれており、それは私の祖母が人道協会の重要な一員であったことから始まった」とドゥメン氏は語った。

野良犬はセント トーマスの人々にとって継続的な懸念事項です。 2021年、セントトーマス愛護協会の運営責任者であるアマンダ・ケニーは、彼らがこの地域に与えている影響について語った。

ケネディ大統領はオンライン新聞のセント・トーマス・ソースに対し、「私たちは、飼い主もなく、社会化も不十分で、よく行く地域内で問題を引き起こす野良動物や放し飼いの動物たちに大きな問題を抱えている。これらすべての問題は、事実に立ち返る」と語った。米領バージン諸島では適切な避妊・去勢手術サービスが受けられず、誰もが手頃な料金で受けられるわけではないのです。」

ドゥメン氏は、ボロンゴ ベイ ビーチ リゾートは常にこの問題の解決に積極的な役割を果たしてきていると語った。 「私たちは可能な限り動物を救出しますが、通常は子猫や猫です」と彼は言いました。 「私たちが疑似保護センターを運営しているのは冗談ですが、ホテルに現れた野良動物に避妊・去勢手術を施し、家に見つけてもらったり、宿泊客やスタッフが引き取ったりしているからです。これは素晴らしいことです。私たちはこれまでに数十匹の動物を救ってきました。年。」

こうした救出活動は長年にわたりさまざまな形で行われてきたが、今月初めにルビーが関与した救出劇のように展開したものはほとんどない。 強風と豪雨が領土を襲った嵐の中、スタッフが彼女を助けに来た。

「天気はおそらく、これまでのこの時期に起きた最悪の嵐だったでしょう」とドゥメン氏は語った。 「プエルトリコのサンフアンにある国立気象局は、数日前から洪水、風、雨の警報を発令した。」

天候によりセント トーマスの景観の大部分が荒れ果てている中、リゾートのバーテンダーの 1 人であるアレックスという男性が、足元でずぶ濡れで震えている犬を発見しました。 後にルビーと名付けられることになるその犬は、長い間冷たくなったり濡れたりすることはありませんでした。

その直後、ドゥメンさんは、ルビーが壊滅的な豪雨の中をさまようのを防ぐために、リゾート敷地内の屋外の保護されたエリアに木箱を組み立てている間、自分がタオルに包まれていることに気づきました。

中に入ると、ルビーには食べ物、水、そして快適に眠る場所が与えられました。 彼らが介入しなかったら、ドゥメンさんは彼女に何が起こっていたか分かりません。」 彼女はバージン諸島で野良で固定されていない動物のままだっただろうが、私たちの地元の人道協会、ボランティア、コミュニティメンバー、企業にとってはそれほど珍しいことではない状況である捕獲、避妊、去勢手術のプログラムと闘うよう努めてください」と彼は語った。

しかし、ボロンゴ ベイ ビーチ リゾートのスタッフには別のアイデアがありました。 「私たちは現在この犬を養育しており、ワクチン接種がすべて終わるまで健康に戻るよう育てていく予定です」とドゥメンさんは語った。 「私たちは彼女を米国で養子にできることを願って、彼女と交流するつもりです。彼女は小さいので、米国への旅行者と一緒に商用飛行機で彼女を輸送するのは非常に簡単です。」

ルビーは6歳だと思われるが、歯が数本欠けている。 「私たちが疑っているのは、彼女が長年路上で活動していたということです」とドゥメン氏は語った。 彼女が最終的に米国で新しい家族をもつことになるかもしれないが、彼は彼女がすでに家族を見つけている可能性を排除していない。

「私たちには彼女を里親に失敗させるという選択肢が常にあります」とドゥメン氏は語った。 しかし、今のところは、何年も一人で過ごした後です。 ルビーは誰かが自分を気にかけてくれるだけで幸せです。

コメントする