絆で結ばれた犬たちは同じ保護施設で14年間過ごしても離れられない

一生を保護施設で過ごしてきた2匹の犬は、何度も見逃されてきた後、愛情あふれる家で晩年を過ごすことを望んでいる。

エリンとアンナは、10年以上前、1歳未満のときに別々にテキサス州サンアントニオの動物救援養子縁組協会(SARA)にやって来た。

15歳になった今、このペアは切り離せない存在となっており、保護施設のスタッフは、もう一方がしっかりと後ろをついて回っていない限り、一方を目にすることはありません。

シェルターの創設者トレイシー・フランクさんはこう語った。 ニューズウィーク: 「2匹の犬は数か月前に出会い、深い友情の絆を築きました。」

「彼らは食事から睡眠、保護区で他の犬と遊ぶまで、すべてを一緒にします。エリンもアンナも関節炎に苦しんでおり、人を恐れていますが、SARAには暖かくて安全な場所があります。」と付け加えた。

米国動物虐待防止協会によると、毎年全国の保護施設に入る伴侶動物は約630万頭、うち犬は約310万頭、猫は約320万頭だという。 保護施設に入った犬のうち、約65パーセントが引き取られ、13パーセントが安楽死させられます。

飼い主は体調不良や資金不足など、さまざまな理由で最愛のペットを手放さざるを得ません。 以前、 ニューズウィーク リソース不足のシェルターで殺処分されそうになったが、ありがたいことにオースティン・ペッツ・アライブによって救われた高齢犬についての記事をシェアしました。 動物保護施設。 彼らは続けて、同様の状況にある動物に終末期ケアを提供する「フォスピス」プログラムを立ち上げた。

ラブラドールのミックス犬であるエリンとボーダーコリーのミックス犬であるアンナは、まだ養子縁組の対象となっているが、フランクさんは人間に対する不信感から、故郷と呼べる場所は決して見つからないと信じている。

フランクは言いました ニューズウィーク: 「子供ややんちゃな若い犬のいない、患者と世話をしてくれる家が必要です。しかし、怖くて撫でることのできない2匹の犬を引き取りたいと思う人はいないでしょう。」

フランクにとって、絆の強いデュオが見知らぬ人たちから愛を重ねていくことを想像するのは難しいかもしれないが、実際に起こり得ることだ。 ニューズウィーク 新しい飼い主に多くの忍耐と忍耐を要求した犬についての多くの話を共有してきました。 犬が「安全」と感じるまでには数日、数週間、さらには何か月もかかる場合がありますが、一度それが得られると、多くの飼い主は確かにそれだけの価値があると確信できます。

2018年に学術誌に発表された研究結果 応用動物行動科学 わずか 15 分間の撫でるだけで、保護犬の健康に良い変化がもたらされたことを強調しました。

実験の一環として、研究者らは55頭の保護犬に心臓モニターを埋め込んだ。 その後、小さな部屋に案内された後、ボランティアが彼らを撫でたり、慰める声で話しかけたりしました。

セッションの終わりまでに、彼らは犬の心拍数が低下し、その変動が増加していることに気づきました。どちらも、犬がより安心したことを示唆しています。

コメントする