犬は飼い主の仕事後のルーティンを非常に真剣に受け止めている:「ドリルを知っている」

「1日20時間」昼寝する犬が飼い主と一緒に居眠りをしたがっている様子の動画がTikTokで話題になった。

このバイラルクリップは @lokisausage2708 によって投稿され、3 日前に共有されて以来 400 万回の再生回数を記録しました。

クリップに重ねて表示されるメッセージは「POV(視点):仕事から帰るたびにあなたは昼寝をします、そしてあなたの犬は訓練を知っています。」とあります。

映像には、家の中の階段の上で待つダックスフントの姿が映っている。 子犬は寝室のドアの前で待つ前に、次の階の階段まで飛び跳ねます。 犬が部屋に入ってくると、手がドアを開ける様子が示されています。 その後、子犬はビデオが終了する前に目を半分閉じて枕の上で休んでいるように見えます。

投稿に共有されたキャプションには「いつものルーティン」とだけ書かれている。

@lokisausage2708

いつものルーチン #fyp #ダックスフント #犬 #dogsoftiktok #面白い #睡眠

♬ オリジナル楽曲 – みやこ🧸

犬は一日の約半分を眠って過ごすことができるため、この子犬が昼寝をするのが大好きであることは驚くべきことではありません。

2020年12月に出版されたノースカロライナ州立大学の研究者らの研究によると、ほとんどの犬には1日のうちに「活動のピーク」が2回あるという。 科学レポート

1つは午前8時から午前10時頃、もう1つは午後5時から午後11時頃までのより長い活動時間帯であり、すべての犬が平日よりも週末の方が活動的であることが研究で判明したという。

同協会の調査によると、小型犬の半数以上(62%)と中型犬の半数弱(41%)、大型犬の約3分の1(32%)が飼い主と一緒に寝ていることが判明した。米国ペット製品協会、2012 年 4 月に WebMD が報告。

昼寝中に犬を抱きしめるのは心地よいかもしれませんが、犬のせいで夜の安眠が妨げられることもあります。 オーストラリアの犬の飼い主を対象とした2018年11月の調査が、 人獣類は、「添い寝は睡眠障害(覚醒と覚醒の両方)を引き起こすようであり、検証された睡眠測定のスコアが低いことでさらにその傾向が強まる」ことを発見した。

「一日中眠っている」

最新のバイラルクリップの中で犬の飼い主は、後のコメントで「文字通り、睡眠だけをしている」と述べた。 この犬たちは「1日20時間」昼寝をしていると投稿者は後の別のコメントで述べ、「ベッドで昼寝するのは違うに違いない」と述べ、「いびきもとてもうるさい」と述べた。

TikTokのユーザーは、飼い主と一緒に昼寝をする犬の日課に大喜びした。

ユーザーのemmmersxは「彼は今日はまるでlorrddddのようで疲れ果てた」と言い、元の投稿者は「彼は働きすぎだ」と答えた。

ユーザーの@oliviagillammは、「一日中眠っていないかのように振る舞っている」と書いた。

パーソナリティーズは、「彼は『一日中取っていた昼寝を終わらせに行こう』と言った」と述べた。

ヘレン・テイラーは「ワンちゃんは一日中昼寝を待っていました。」

ユーザーのcorona8ozは、「笑、彼はあなたと一緒に仕事に行ったかのように寝ています」と書いた。

ユーザー kavitapillay38 は、「彼はあなたと一緒にそのシフトを働いていました。」と述べました。

エレインさんは「昼寝でとても疲れていて、目が後ろに下がっているんです」と語った。

ニューズウィーク はTikTokを通じて元の投稿者にコメントを求めました。 このビデオは独自に検証されていません。

コメントする