近所の人が「外に置き去りにした」女性、生後3か月の子犬を引き取る

ダラスの女性が、生後3か月のときに近所の犬を引き取るに至った悲痛な状況を明かし、インターネットに衝撃と悲しみを与えた。

話題となったTikTok動画の中で、オーブリー・ミッチェルさんは、近所の子犬が「12度の吹雪の中、数日間屋外に放置された」とされ、その子犬を「盗んで」から2年が経過したと語った。

このテキサス人は、動物管理局に連絡して状況を報告したが、何も変わらなかったため、ミッチェルさんは近所の人たちに個人的に立ち向かおうとしたが、返答はなかったと述べた。 4日が経過した後、彼女は外に置き去りにされた子犬を見るのに「ついに飽きた」と思い、自分で犬を飼い始めた。

「私が門の鍵を開けたところ、彼女は私に駆け寄ってきました。彼らは一度も彼女を捜しませんでした」と彼女はTikTokに書いた。 ミッチェルさんはあの日以来振り返ることはなく、ジュニーBという名前の犬はそれ以来、特にパップカップを独り占めできるときは最高の人生を送っている。

ニューズウィーク 救助についてミッチェル氏にコメントを求めた。

ジュニーの救出状況は特殊ですが、彼女と同じように永遠の家を探しているペットが何百万匹もいます。 米国動物虐待防止協会のデータによると、毎年630万匹の伴侶動物が保護施設に入るが、そのうち310万匹が犬であると推定されている。 幸いなことに、これらの子犬のうち約 200 万頭が引き取られますが、さらに多くの子犬が幸運の日を待っています。

全国各地で多くの動物が保護施設に収容される中、ASPCAは毎年約92万頭のペットが安楽死させられていると強調している。 として ニューズウィーク 以前に報告されたように、保護施設は収容能力が限られているだけでなく、その経済的コストにも直面しているため、毎日流入する野良動物や引き渡された動物の殺到に対処するのに苦労している。

ミッチェルさんが2月3日にジュニー救出の動画を自身のTikTokアカウント(@aubrieelizabethmitchell)で共有して以来、これまでに43万4,800回以上再生され、2万7,300件以上の「いいね!」を集めている。 多くのソーシャルメディアユーザーはジュニーの過去を聞いてショックを受けたが、代わりに彼女がミッチェルとの幸せな新生活を見つけたことをとても喜んでいる。

この投稿には800件以上のコメントが寄せられ、品種が不明な保護犬の世話をし、自分の話を共有したミッチェルさんを称賛する人が多かった。 あるコメントには「犬を飼う資格のある人もいれば、犬を飼う資格のない人もいる」と書かれている。

別のTikTokユーザーは「節約するなら盗みではない!私はあの丘で死ぬだろう」と反応した。

3人目の人は、「この世界にはあなたのような人がもっと必要です。救わなければならない可哀想な赤ちゃんのために、あなたがそのようなアプローチをとってくれて嬉しいです。」と書いた。

コメントする