6匹の子犬と2匹の妊娠中の犬であふれかえった避難所の子犬の嘆願

ペンシルベニア州の保護施設は、最近圧倒的な数の子犬を引き取ったことを受けて、犬の飼い主らに犬の避妊・去勢手術をするよう懇願した。

ブルーチップ・ファーム・アニマル・レフュージはフェイスブックへの投稿で、「妊娠中の犬がかつてないほど増加している」と報告した。 オーナー兼創設者のマージ・バート氏はこう語った。 ニューズウィーク 現在、この避難所には6匹の子犬と2匹の妊娠中の犬が収容されているという。 それに比べて、彼らは通常、一度に 1 つまたは 2 つの子しか産みません。

バート氏は、保護施設や救助センターにいる子犬や妊娠中の犬が急増した理由を「全世界の危機」によるものだと述べた。 それは、生活費の高騰、動物の世話をしない人々、避妊・去勢手術の欠如、そして限られた資源の組み合わせです。

しかし、バート氏は犬の避妊・去勢手術の重要性を強調した。 人々が利用できる低コストのオプションがあり、最終的には全国の動物保護施設を助けることになります。

ブルーチップファームは現在、そこに住んでいる残りの動物たちと合わせて、合計25頭の子犬の世話をしている。 避難所に負担を与えている。

子犬の世話は費用がかかり、労働集約的な仕事であるとバート氏は語った。 母犬はたくさんの子犬を産むため、すべての子犬の世話をすることができない場合があります。 これは、バートさんと彼女のチームが哺乳瓶による授乳に頼らなければならないことを意味しており、追加コストがかかります。

さらに、彼らは、過密、人員不足、低い受け入れ率など、全国の危機避難所が直面しているのと同様の問題を経験しています。

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に引き渡されており、これは1日平均1万7,260匹に相当する。

24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。 毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

「角を曲がるたびに、新たな挑戦が待っている」とバートさんは語った。

現時点では、彼らが保護している子犬たちは養子にするには若すぎる。 3週間から4週間です。 バートさんは、これらの子犬たちは生後6週目に達したら獣医に連れて行かれると説明した。 子犬が入荷次第、チームはFacebookページを更新する予定だ。

この避難所の 1 月 24 日の Facebook 投稿は 400 回以上共有され、多くの視聴者から支援や寄付のコメントが寄せられました。

あるフェイスブックユーザーは「あなたたちは、この特別な動物の世話をする地上の天使だ」と語った。

別の人は「すべての母親と赤ちゃんに祈りを捧げます。より良い生活が送れることを願っています」と付け加えた。

投稿では、「ペットの避妊・去勢手術がいかに重要であるかは、いくら強調してもしきれない。獣医の治療を受ける余裕がないのであれば、動物に対して責任をとらないでください。」と改めて強調した。

コメントする