トリマーのところにいると気づいたコカプー、飼い主に冷遇

私たちはペットを甘やかしすぎているため、ペットは子供のように行動し始め、自分の思い通りにならないと怒ることさえあります。

ベラと呼ばれるコッカプーが、母親がどこに連れて行かれているかを知ったとき、恐ろしいトリマーに冷遇されたとして、ソーシャルメディアで急速に話題になった。

@bellaboocockerpooが木曜日にTikTokで共有したこの陽気なクリップでは、コッカースパニエルとプードルの交雑種の子犬が、車の中で飼い主の隣に座っており、裏切られたことに気づいた後、自分の存在を認めようとしない様子が映されている。 「ベラ?ベラ、これは何?」と彼女が呼んでいるのが聞こえる。

拡散したこの動画には、「生意気だ、彼女は自分がグルーマーのところにいることに気づいた。私を真っ向から無視している」というキャプションが付いている。 続いて、「あえて私に話しかけないでください…あなたは自分が何をしたか知っていますか?」

@bellaboocockerpoo

「あえて私に話しかけないでください…あなたは自分が何をしたか知っていますか?」 #funnydog #cockerpoo #dogsoftiktok #funnydogsoftiktok #doglover #puppylove

♬ オリジナル楽曲 – はるはる

ほとんどのアメリカ人はペットを忠実な仲間としてだけではなく、家族の一員として見ており、ペットを人間であるかのように扱います。

ピュー・リサーチ・センターによる2023年の調査によると、アメリカ人の51パーセント以上が自分の犬を人間と同じレベルだと考えています。 このように感じているのは男性よりも女性の方が多く、田舎ではなく都市部に住んでいる人も同様でした。

未婚のペットの飼い主と18歳未満の子供がいない人は、毛皮の赤ちゃんも他の人間と同じように家族の一員であると答える可能性が最も高かった。

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 このプラットフォームではこれまでに8万7000回以上の閲覧と1500件以上の「いいね!」を獲得している。

あるユーザー、ShazD69は、「私の場合も全く同じことをしたのに、後で不機嫌になった」とコメントした。 そしてエディは、「私がトリマーのところに車を停めると、私の子は震え始めて、その後喜んで彼女と一緒に入りました」と言いました。

コメンテーターのリサ・ヒルさんは、「夫がトリマーと理由は分からないが話している間に、私の夫は逃げ出した。夫はドアに向かって真っ直ぐ走った」と書いた。

そして user2106937450765 はこう言いました。「私の家に来たのは、彼女に会うまで郵便配達員だと思ってとても興奮していて、その後玄関から一番遠いソファに行きました。」

ニューズウィーク TikTokチャット経由で@bellaboocockerpooにコメントを求めた。 事件の詳細については確認できませんでした。

コメントする