不動産業者が住宅見学中に犬を射殺

不動産業者が、物件見学に招待された家族の飼い犬を銃で射殺した。

報道によると、この犬は銃撃では生き残ったものの、木曜日にアイオワ州シェナンドーで起きた事件で重傷を負い、獣医師の治療を受けているという。 不動産業者は当局に対し、動物に襲われた際に自己防衛行動をとったと供述したが、家族はこれに異議を唱えている。

この銃撃事件は、アマゾンの配達員がアラバマ州で飼い犬を射殺し、攻撃的だったと主張してからわずか数週間後に発生した。 国立医学図書館のデータによると、米国では毎年約450万人が犬に噛まれている。 このうち 19% は医師の診察が必要であり、犬の咬傷は、この国で致命的ではない救急外来を受診する主な原因の 13 位となっています。 犬の攻撃による米国人の死亡例は毎年30人から40人が報告されている。

先週アイオワ州で起きた銃乱射事件は、不動産業者が敷地内の見学を終えて外に出たときに発生した。

不動産業者が自宅を視察した際、犬は当初地下室に置かれていたが、不動産業者が地下空間を見たいと希望したため、犬は屋外に移動された。 恐怖が展開したのは、不動産業者が庭から地下室にアクセスしようとしたときだった。

報道によると、犬は吠え始め、なんとかリードを外して見知らぬ男に向かって突進したという。 不動産業者は隠し運び許可証を持っていたが、犬を撃ち、すぐに現場から立ち去り、警察に通報した。

当局がWOWT/グレイニュースに語ったところによると、不動産業者がオーストラリアン・シェパードとビーグルの混合犬である犬を蹴り、その犬がペットを撃つ前に不動産業者に向かって突進し続けていたのを近隣住民が目撃したという。 家族は動物が先に襲ったという主張を否定しているが、家族の母親は銃が怖いので、不動産業者が武器を持っていると知っていたら絶対に家に入れなかったと話していると伝えられている。 関係者は誰も公表されていない。

当局は現在アイオワ州で先週起きた銃撃事件の捜査を終了し、郡検事は正当防衛の問題であるとの判断を下した。

ニューズウィーク はさらなる情報とコメントを求めてシェナンドー警察署に電子メールで連絡を取った。

コメントする