注目を集めるために傷ついたふりをするゴールデンレトリバー―「操作の王様」

犬は賢い生き物です。犬は人間の感情を感じ、言語の一部を理解し、ごまかしの術を学んだ犬もいます。

そのため、グースと呼ばれる一頭の犬が、特別な注意やおやつをもらおうと病気のふりをしているところを飼い主に見つかってしまい、傷つきながらインターネット上に流出した。

月曜日に@golden_goose7というユーザー名でTikTokに共有された動画では、子犬が悲しそうに無気力で、さらには足を引きずっている様子が見られ、飼い主は特別な注意と注意を払い、最終的には獣医に連れて行った。 しかし、それはすべて演技だったことが判明した。

動画では、「獣医は問題を特定できなかったが、抗炎症薬を送ってくれた。その後、父が出張から早く帰ってきた…そして魔法のようにすべての痛みが消えた!!」「私の計画はうまくいきました。」と説明している。 」

この陽気な投稿には、「ドラマの王が操作の王に昇格した」というキャプションが付いている。

犬の知能は人間の幼児に匹敵します。 犬は言葉や合図を学ぶことができるので、私たちが言うことを正確に理解することはできないかもしれませんが、私たちがどのように感じているかは確かに知っています。

2018年の研究では、犬は人間の感情を認識できることが判明しました。 研究では、科学者らは、幸福から悲しみ、驚き、怒り、恐怖、嫌悪感まで、さまざまな感情を表現する人間の写真や無表情な顔を見せられた後の犬の反応を観察した。

犬たちが写真を見ている間、科学者らは犬の心拍数とストレスレベルを測定したところ、犬は恐怖、怒り、幸福を見たときにより強い反応を示すことが判明した。

@golden_goose7

演劇の王が操作の王に昇格した。 #ゴールデンレトリバー #ドラマ #キング #偽物 #足を引きずって #怪我の回復

♬ サーカス音楽 – ヒットクルーキッズ

このビデオはすぐにソーシャルメディアで拡散し、TikTok全体から視聴者を獲得しました。 これまでのところ、プラットフォーム上で936,4000回以上の視聴と124,300件の「いいね!」を獲得しています。

ユーザーの一人、ネキ・ソーヤーさんは、「獣医の診察とレントゲン検査に400ドルも費やしたが、何も見つからなかった。彼は1週間茹でた鶏肉と米を食べたが、米は全部残した」とコメントした。 そしてエマは「獣医師は私の犬を『プリンセスである』と診断した」と語った。

芦名さんはさらに、「うちの犬は、自分がどの足で足を引きずっているのか忘れてしまった。あなたが見ていないときは…彼女は足を引きずっていなかった。あなたが見てみると、犬は歩き始めた。時々、第二の前足で足を引きずっていた。」と付け加えた。

ニューズウィーク Golden_goose7 に電子メールでコメントを求めました。 事件の詳細については確認できませんでした。

コメントする