「破損品」と考える養子縁組者に見落とされるシニア犬

犬の里親は、適切な家族が来るのを辛抱強く待っているシニア犬を誰かが引き取ってくれることを期待してソーシャルメディアに目を向けた。

TikTok上で@njyslveとして知られるこの里親さんは、1月28日にイーヨーという名前のシニア犬を拾い、里子として家に迎え入れた。 しかし、1か月以上経っても、イーヨーはまだ里親と一緒にいます。 児童養護施設で暮らすことが悪いことではありません。 この犬も、他の里子たちと同様に、永遠の家が欲しいと思っています。

1月28日のTikTokビデオでは、所有者がイーヨーの「破損品」の一部を見せている。 養子となる可能性のある人々は、彼の年齢、重度の傷跡、喘息のせいで彼を無視してきた。 さらに、この里親さんは、撫でるとひるむことから、虐待歴がある可能性が高いと信じている。 しかし、彼の過去や状況が、永遠の家族を持つ彼の将来に影響を与えるべきではありません。

キャプションの一部には「重度の傷跡と喘息を抱えたシニア犬は、ほとんどの飼い主にとって傷物とみなされている。しかし、イーヨーは今夜迎えに来て以来、勇敢で親切でしかなかった」と書かれている。

イーヨーが利用できるロサンゼルスのフィロゾイア・レスキューは、背中と耳に傷があり、脱毛していることをインスタグラムの投稿で共有し、未治療のアレルギーとノミ関連のかゆみの結果である可能性が高いと述べた。

しかし、これまでさまざまな経験をしてきたにもかかわらず、彼は今でも寝ること、抱きしめる、そして「散歩で歩き回る」ことが大好きです。

TikTok動画は金曜日の時点で42,700回の再生回数、1,939回の「いいね!」、55件のコメントに達し、大多数の人がまだ家を必要としているこの愛らしい犬を見て悲痛な気持ちになっている。

「人間がこれらの赤ちゃんに与える痛みと恐怖は信じられないほどです。彼を愛してくれてありがとう、彼には最高の結果だけが与えられるはずです」と視聴者の一人は語った。

別の人は、「誰かが彼にふさわしい最高の人生を与えてくれることを願っています」と付け加えた。

誰かがこの里親にイーヨーを自分で引き取るよう勧めたが、彼女は「イーヨーを飼うことは、里親を持たない犬が増え続けることを意味し、安楽死の危険にさらされることになる」と答えた。

米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年630万匹のペットが米国の保護施設に入っており、その数は1日平均1万7,260匹に上る。 24Petの「シェルターウォッチレポート」によると、2023年1月にペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

コメントする