奉仕学校に落ちた犬、今も訓練を必死に使おうとしている

奉仕学校の訓練に落ちた犬は、学んだスキルを日常生活に持ち込んでいます。

英語研究室のレオは、サービス学校の訓練中に「ナッジ」する方法を学びました。 介助犬はハンドラーの注意を引くために小突きます。 しかし、レオは「失敗」し、介助犬になるための訓練を受けていないため、自分の利益のためにナッジを利用することを学びました。

2月26日のTikTok動画では、飼い主が下を向き、レオが鼻息を彼女の足に押し付けている様子が映されている。 オーナーは、トレーニング中にナッジが何をするべきかを完全には理解していなかった、と語った。 しかし今では、それが彼の注意を引いたりおやつを与えたり、動き続けたり、ペットから恩恵を受けたりするための方法になっています。

「しかし、ほとんどはおやつです」とビデオのテキストには書かれていた。

彼の常に希望に満ちた目をひと目見ただけで、人々は心を折れてこの良い子にご褒美を与えるのに十分だったでしょう。 しかし、そうでなかったら、彼の貴重な小さな小言で、それは限界を超えていたでしょう。

この愛らしいビデオはすぐに拡散し、投稿から最初の 2 日間で 1,050 万回以上の再生、180 万回の「いいね!」、4,040 件のコメントに達しました。

「彼はおやつディスペンサーのボタンを押しています!」 ある視聴者はこう語った。 おやつはちょっとした刺激から生まれると理解したら、彼はやめません。

別の人は「彼があなたを小突くとき、彼の鼻がつぶれる様子」と指摘した。

「私も奉仕学校中退者です…私の家では誰も悲しむことを許されません。彼はあなたを座らせて、あなたの目からその涙を叩き落とすでしょう。」と、失敗した介助犬との経験を共有する人もいた。

飼い主は「はい、レオも同じです。誰かが悲しんでいるなら、それを直すのが自分の仕事だと間違いなく思っています。」と答えた。

レオはもう奉仕学校の訓練を受けていないかもしれませんが、人々を助けるという介助犬であることの背後にある中心的な意味を忘れていません。 悲しんでいる人を元気づけたいだけでなく、手を差し伸べることもある。

飼い主は他のTikTok動画で、レオが散歩に行く前に必要と思われるものを集めるとシェアしていた。 彼は帽子、手袋、靴下を持ってきてくれますが、それらは必ずしも必要なわけではありませんが、重要なのはその考えです。

ニューズウィーク 追加のコメントを求めて電子メールで連絡を取った。

コメントする