毎日玄関で「誰かを待っている」保護犬、永遠の家を見つける

待っている人には良いことが訪れると言いますが、安楽死リストからかろうじて逃れたこのシニアのピットブルには確かにそれが当てはまります。

@shelterdogsofaz が共有したバイラル TikTok 動画では、画面上のテキストで「ロッキーは毎日ドアのそばに座って、誰かに会いたいと頼まれるのを待っています…しかし、誰も会ってくれません。」と説明されています。

悲痛な映像には、白黒の犬が犬小屋のドアの真正面に座り、その後、暗い表情で撮影者を見つめている様子が映っている。

文書には、この犬は「保護施設の安楽死前リストに載っており、一般の人の引き取りには適しておらず、救助にのみ受け入れられる。彼の命を救うためには、唯一の犬の里親か引き取り手が必要だ」とも書かれている。

再生回数は 241,000 回を超え、「いいね!」の数は 31,200 件を超え、このクリップのリーチはロッキーとライフラインを繋ぐのに役立っていることが証明されました。 元の投稿者はその後、「ロッキーは救出された + 安全です」という安堵のメッセージを共有した。

この心温まるニュースは何千人ものユーザーを喜ばせ、動画には 2,400 件を超えるコメントが寄せられました。

あるユーザーは「心が張り裂ける思いです。主よ、ロッキーを救うために完璧な養子を送ってくださるよう祈ります。彼には幸せで愛に満ちた家庭を持つ権利があるのです」と語り、その祈りはどうやら聞き届けられたようだ。

別のユーザーは、「彼らが年をとって、それでもとても希望を持っているのは本当につらいです。彼は今、これまで以上に永遠の家を必要としています。」と語った。

3人目のコメント投稿者は、「この優しい少年のご冥福をお祈りします。その目がすべてを物語っています」と述べた。

ロッキーは幸運にも逃げ出すことができましたが、保護施設に行き着いたすべての犬に同じことが言えるわけではありません。 米国動物虐待防止協会(ASPCA)によると、毎年約92万頭の保護動物(犬39万頭、猫53万頭)が安楽死させられている。 しかし、米国の保護施設で年間殺処分される犬や猫の数は、2011年の約260万頭から減少している。

この減少は、引き取られた動物の割合と飼い主に返還された野良犬の数の増加によって部分的に説明できるとASCPAは述べている。

動物保護施設には人口が多すぎるため、ロッキーのような犬が安楽死リストに入れられることがよくあります。 ASPCAのウェブサイトによると、毎年約630万頭の伴侶動物が全米の動物保護施設に入る。 そのうち、約310万頭が犬、約320万頭が猫です。

「米国の保護施設に毎年入る犬と猫の数は、2011年の約720万頭から減少していると推定している。最も減少したのは犬だった(390万頭から310万頭へ)」とASCPAは付け加えた。

ニューズウィーク @shelterdogsofaz からのコメントを待っています。

コメントする