動物実験所から救出されたビーグル犬がトリマーにパニック発作を起こし涙

ある犬の飼い主は、シニアの保護ビーグル犬がトリマーのところへ行った際にパニック発作を起こした悲惨な状況について詳しく語った。

サマンサ・マグロウは生涯を通じて動物に情熱を注いでいます。 「私の家族はいつも保護区から鶏を、保護施設から犬を引き取っていました」と彼女は語った。 ニューズウィーク

その愛は大学時代にも続き、自分のアパートに引っ越した後、彼女は犬を飼うことに決めました。 結局、それは彼女のビーグル犬、テッドでした。彼には何の落ち度もありませんでしたが、荷物を持ってやって来ました。

テッドは人生の最初の5年間を動物実験に使われていました。 当初は獣医技術部門で教育目的で使用されることを目的とした40頭のビーグル犬のうちの1頭としてマグロウ大学に持ち込まれたが、予想外の出来事で大学は閉鎖となり、各犬は引き取りが必要となった。

「彼らが飼っていた最後のビーグル犬を引き取ることができて幸運でした」とマグロウさんは語った。 しかし、それでも彼女は、テッドが「最も心に傷を負い、最悪の状態にある」と介護者から告げられたと語った。

動物実験は今日のアメリカ人を二分するテーマであり、ピュー研究所の調査では回答者の47パーセントが動物実験に賛成している一方、52パーセントが反対していることが判明した。 マグロウ氏は、テッドの話が一部の人たちの意見を変えるかもしれないと期待している。

米国人道協会は、米国全土で毎年6万頭もの犬がこの種の実験に使用されていると述べている。 テッドのようなビーグル犬が動物実験に選ばれるのは、小型で従順であるため、実験室での管理が容易であると考えられているためです。

テッドは試練を乗り越え、現在は検査を受けていないことを考えると、幸運な人の一人と考えられるかもしれない。 しかし、マグロウが彼を引き取った後すぐに気づいたように、彼の経験の傷跡は深い。

「テッドを訓練するのは簡単なことではありませんでした。特に大学生の場合はそうでした」と彼女は語った。 「すべての人間が悪いわけではないということを彼に教えるために、私は全力を尽くしました。また、獣医師が勧めた抗不安薬を彼に服用させる必要がありました。彼は今、非常に計画的な犬であり、特別な注意、愛情、理解を必要としています。」

ありがたいことに、テッドはマクグローで、自分のニーズに応えてくれる人間の仲間を見つけました。 「テッドの一番好きなことは、昼寝をしてクッキーを食べることです」と彼女は言いました。 「彼は高齢の犬なので、おいしいおやつを食べた後に眠ることができることに本当に安らぎを感じています。」

しかし、これほど多くの愛情と配慮を与えられているにもかかわらず、テッドはまだ時々苦労します。 そのような機会の1つは、最近のトリマーへの旅行中に起こりました。 マグロウさんはその日、特別な「VIP新郎」として彼を予約していた。つまり、彼女は部屋に滞在することが許され、比較的短い25分間でテッドの世話をするのは1人だけだった。

「テッドはいつもこういうことに慣れているよ」とマグロウ氏は語った。 「しかし、悲しいことに、彼の不安があまりにも高すぎて、掃除機に怯えてしまいました。彼は遠吠えをし始め、膀胱と腸を制御できなくなりました。」

マグロウさんはトリマーの状況対応に感謝したが、テッドが「かなり動揺していた」ため、最終的にセッションは短縮された。 ありがたいことに、家に帰って不安薬を飲むと、テッドはいつもの自分に戻りました。 「彼が家に帰ると、再び安全な場所に戻って安心したのがわかりました」とマグロウさんは語った。

このような事件はこれまでにも起きていたが、マグロウさんは今ではその頻度は減り、起きたときにどうすればよいか分かっていると語った。 「私は彼をその状況から外し、すべてがうまくいくと伝えます」と彼女は付け加えた。 「私たちは家に帰ります、それはいつも助けになります、そして、再び試みる前にしばらくその状況を回避します。」

それでも、テッドがパニック発作を起こしたため、マクグローさんは、今後数か月間は自宅で彼を自分で入浴させ、その後徐々に再びトリマーに戻すつもりだと語った。

マグロウさんは@sammcgrawwというハンドル名でTikTokに動画を投稿し、パニック発作を起こしたテッドを慰める様子を映した。 彼女は動物実験がテッドに与えた影響だけでなく、その動物実験に対する彼女自身の反対も強調するために、アカウントに定期的にクリップを投稿している。

「動物実験が動物にトラウマを与えることを人々が理解してくれることを願っています」とマグロウ氏は語った。 「これは時代遅れの科学のやり方であり、テストよりも成功する代替手段はたくさんあります。」 マグロウ氏は、動物実験を行う企業には「説明責任」を負わせ、「呼吸する生き物は利益よりも重要である」ことを認識させる必要があると考えている。

テッドは自身の経験によって残された心の傷をずっと引きずり続ける可能性が高いが、マグロウさんは彼の話や経験を共有することで、最終的には他の犬が同じような経験をするのを阻止できるかもしれないと期待している。

コメントする