マクドナルドで残飯を食べることで知られるゴールデン・レトリバーが永遠の家を見つける

フロリダ州の動物保護団体によると、昨年マクドナルドの外で「不潔でやつれた状態」で発見された犬に、ついに飼い主が決まったという。

ナタリーは約2歳とみられ、穏やかで人懐っこいゴールデンレトリバーと言われているが、地元のマクドナルドで残飯をあさっていたため動物管理職員に知られていたと、フロリダ南西部ゴールデンレトリバー保護団体(GRRSWF)が記事で書いている。 2月29日の声明。

フロリダ州ボニータ・スプリングスのGRRSWFは、犬を引き取り、里親になるために旅行することに同意したボランティアのビル・ベランジャーさんとドナ・ベランジャーさんの協力を得て、12月初旬にナタリーの救出を支援した。

ベレンジャーたちはこう語った マイアミ ヘラルド 週末のインタビューで、彼らはすぐにナタリーとのつながりを感じたと語った。

「彼女はまるでここが自分の居場所であるかのように、私たちの家に落ち着きました」とドナさんは言いました。 「彼女は緊張していませんでした。喘ぎ声も出ませんでした。ただここに来られてとても幸せでした。」

ニューズウィーク 月曜日の夜、メールとフェイスブックを通じてGRRSWFにコメントを求めた。

ナタリーには今、愛する家族がいますが、ゴールデンレトリバーの旅には、まだ克服しなければならない健康上の問題が含まれていました。

「私たちは彼女の健康状態や行動について何も知らず、彼女が妊娠していないことを祈るほかなかった」とGRRSWFは述べた。

ナタリーの健康状態により、子犬は獣医救急室に緊急搬送される必要がありましたが、そこでフィラリア検査で陽性反応が出ました。フィラリアは、治療せずに放置すると重度の肺疾患、心不全、他の臓器への損傷を引き起こす可能性があります。

「ビルとドナは、避妊手術ができるまでに何ヶ月も治療と獣医師の診察を受けなければならないという知らせを聞いても、決して躊躇しませんでした」と保護団体は述べた。 「数日後、彼らは彼女に恋をしました。」

GRRSWFによると、ナタリーは救助活動に寄付した12歳の少女にちなんで名付けられ、この子犬が新しい家族との生活を楽しんでいる間、フィラリアの治療を受けることになるという。

「彼女には愛する家族がいて、食べ物を求めてマクドナルドの駐車場を探す必要はもうありません。ビルとドナ、助けが必要なときにイエスと答えてくれて、救助犬が必ずしも完全に健康で行儀が良いとは限らないことを理解してくれてありがとう」と保護団体は述べた。 。 新しい家族の一員おめでとうございます!!!」

コメントする