介助犬が統合失調症の幻覚患者をどのように助けるか

統合失調症の男性は、「幻視」を経験し始めた後、介助犬が助けに来た瞬間の映像を共有した。

ジョンズ・ホプキンス大学医学院の報告によると、統合失調症は、声が聞こえる、現実ではないものが見える、あるいは異常な信念や混乱した思考を持つことで現れる精神的健康状態で、アメリカ人の推定1パーセントが罹患しているという。

ウィスコンシン州出身のコディ・グリーンさんもその1パーセントに含まれる。 「18歳で統合失調症の症状が出始め、21歳で診断されました」とグリーンさんは語った。 ニューズウィーク

「私の精神疾患との闘いは、依存症と投獄との闘いにつながりました。治療と投薬で成功を収めた後、統合失調症とともに生きる私の人生がどのようなものなのか、そして日常生活を管理するために私が使用している対処メカニズムのいくつかを共有したいと思いました。」彼が追加した。

講演者でありメンタルヘルスの擁護者でもあるグリーン氏は、ソーシャル メディアに 150 万人を超えるフォロワーがおり、@schizophrenichippie というハンドル名で定期的に投稿しています。

グリーンさんの最新のビデオの 1 つは、彼の愛犬ルナが日常生活で果たす重要な役割に焦点を当てています。 ルナは、子犬のときにグリーンに来た精神科介助犬です。

「私たちは誤って出産した家族の友人からルナを引き取りました」と彼は語った。 「生後8週間で彼女を迎えましたが、今はもうすぐ4歳になります。」

グリーン氏によれば、ルナは他のほとんどの犬とは違うという。 「ルナは、私が幻視を特定するのを手伝う、私をグラウンディングさせる、幻聴中の自傷行為を防ぐなど、いくつかの仕事を手伝うように訓練を受けました」と彼は語った。

「これらは、彼女が行うように訓練された唯一の主要な作業であり、彼女は家でこれらの作業を手伝うように訓練されています。介助犬は非常に高価な場合があり、通常は保険が適用されませんが、ドッグトレーナーはこれらの多くを教えることができます」タスクも同様です」と彼は付け加えた。

ビデオの中でグリーンさんは、家の中で「別の人が見える」という幻覚症状が出始めたルナさんのトレーニングを実演した。 このクリップでは、グリーンさんがルナさんにその人に挨拶するよう指示しているのが聞こえますが、彼女は黙って座っています。 この返答でグリーンさんは知る必要があったことがすべて分かりました。

「ルナは命令に従って人々に挨拶するように訓練されています」とグリーン氏は説明した。 「彼女が挨拶してくれれば、彼らが本当にそこにいることがわかります。彼女が座って私を見上げれば、それは幻覚だとわかります。」

さらに、「彼女が私が話している相手に挨拶をしなかったことで、私は活動性の統合失調症の症状が出ていることに気づくことができた」と付け加えた。

グリーンさんは、ルナが日常生活を「より管理しやすく」してくれた方法を強調するためにビデオを共有したと述べた。 同氏は、「私はこのビデオを、人々が統合失調症と考えられる対処メカニズムについてよりよく理解できるようにする方法として使いたかっただけです。」と述べた。

グリーンさんは、自分の生活をより良いものに変える上で介助犬が果たした役割をどれだけ強調してもしすぎることはない、と語った。

「ルナのおかげで、自分の家でより快適に過ごせるようになりました」と彼は言いました。 「残念ながら、私が幻覚を見るのは家にいるときと夕方がほとんどです。そのため、これらの症状を認識し、自分が幻覚を見ていることを認識できることは、私にとってとても役に立ちます。」

このメンタルヘルス擁護者はまた、ルナがそばにいてくれたことで、統合失調症についてかつて抱いていた心配の多くが解消されたとも述べた。

「私はいつも自分自身に、幻覚を見ているのではないかと自問していました。そしてルナのおかげで、私の人生の大部分を占めていた恐怖、混乱、フラストレーションが解消されました。」とグリーンさんは語った。

コメントする