ゴールデンレトリバーがクレートから初めて一人で帰宅するときの様子をカメラが撮影

犬がトラブルに巻き込まれるのではないかと心配する人もおり、犬の飼い主の間では、犬が外出する間クレートに犬歯を入れたままにしておくべきかどうかについて意見が分かれている。

しかし、ある飼い主は、初めて犬をクレートから出して、犬が気にかけているのは休息とリラックスだけだと知りました。

3月1日にアカウント@camilaboydに投稿されたTikTok動画では、ゴールデンレトリバーが初めてクレートから出て家に残された瞬間をペットカメラが捉えていた。 1 歳の子犬が気にしていたのはただ 1 つのこと、それはソファで昼寝することだけでした。

犬はオープンソファを利用して、そこを昼寝の領域にすることにしました。 彼女は自分をゆがめてソファの隅々まで試し、どの場所が一番快適かを見つけ出した。 犬は家の一部が損傷することを気にしませんでした。 彼女が望んでいたのはソファにいることだけだった。

キャプションには「…そしてそう、彼女は何時間もこんな様子だった」と書かれている。

いつもこのようにソファでくつろぐのかと尋ねると、オーナーはこう語った。 ニューズウィーク 彼女は誰も見ていない場合にのみそれを行うだろうと。 典型的な犬のようですね! そして、彼女には家に誰もいなくても歩き回る自由があったので、間違いなくソファに座っていました。

この陽気なTikTokクリップは月曜日の時点で180万回の再生回数、226,900件の「いいね!」、604件のコメントをもたらした。

「彼女はこの日を待っていました!」 と視聴者は書いた。 「甘い、甘いソファの自由!」

あるTikTokユーザーは「とても気に入りました。最高の快適さを得るためにすべての枕を必ず試してください!」と付け加えた。

他の犬の飼い主も、犬をクレートから出した後、同様のことに気づいたという。「うちの2匹はクレートからお互いを壊し続けました。ついに自由に歩き回るようになり、これが彼らのしたことのすべてです。教訓になりました。」

木箱に入れるか入れないか

それぞれの選択肢には長所と短所があるため、犬をクレートに入れるかどうかの決定は最終的には特定の飼い主に委ねられます。

多くの子犬の飼い主は、犬をトラブルから守るために犬用クレートを使用することを選択しています。 しかし、それは若い犬だけに当てはまる必要はありません。 分離不安を抱えていたり、家の中の物に興味を持ちたがったりする高齢の犬は、クレートの中で過ごすことが効果的です。 家に帰って家具や靴がかじられてしまう心配もありません。

一方で、長期間留守にしたり、単に個人的な理由で子犬を箱に入れない飼い主もいます。 人々は、クレートに長期間閉じ込められるとうつ病や攻撃性を引き起こす可能性があると信じています。 犬を木枠に入れない場合は、犬の安全を守るために、有害な物や食べ物を手の届かないところに置いてください。

コメントする