完全に噛み砕いた後、おもちゃを放り出す飼い主のチワワの顔

見た目が命を奪うのなら、チワワとぬいぐるみとの愛憎関係について語るためにここに犬の飼い主はいないだろう。

22歳のミシェル・バエザさんは、愛犬のバディが、大胆にもおもちゃを取り上げて捨てる前に、楽しそうにおもちゃの綿毛をすべて取り除いている様子をインスタグラムに投稿した。 彼の裏切りと憤りを誇張した表現はインスタグラムで急速に広まり、130万回の再生回数を記録した。

シカゴの経営者バエザさんはこう語った。 ニューズウィーク 詰め物を取り除くのがバディの「おもちゃで遊ぶ中で一番好きな部分」だという。

バディはおもちゃを失ったことに満足していないようで、彼の横目は視聴者を釘付けにしたと言っても過言ではありません。

キャプションの抜粋では、「これらすべてが無駄に機能するのでしょうか?」と書かれています。

バエザは語った。 ニューズウィーク: 「おもちゃがあまりにもくたびれていない場合、私は通常、息子がもう一度やってもらえるように縫い直します。そうでない場合は、息子のために別のおもちゃを取り出します。」

3月5日に共有された動画にはこれまでのところ、8万5500件以上の「いいね!」と500件近くのコメントが集まっている。

あるユーザーは「失望した顔ではない」と語った。

別の人は「横目は狂っている」と書いた。

3人目の投稿者は、「フーマンが良いものを買ってくれるとき、破壊はあなたの愛の言葉だ」と述べた。

4人目は「体がもう1回の手術を受けられなくなるまで、『患者』に手術を施すだけだ」と語った。

他の飼い主によると、おもちゃをズタズタに引き裂く犬はバディだけではないという。 犬にとっては楽しいことですが、お金がかかり、面倒で危険な習慣になる可能性があります。

「狩猟用のおもちゃに詰め物をするのは、実は犬にとってごく自然なことなのです!」 カリフォルニア州ロックリンにあるロックリンランチ獣医病院によると。

しかし、間違った物質を摂取するとリスクが伴う可能性があるため、飼い主がペットが安全であることを確認するためにペットを監督することが重要です。

ミシガン州のビバリーヒルズ獣医協会は、飼い主に対し、購入するおもちゃの種類に注意するようアドバイスしている。 飼い主は、目、リボン、紐などの小さな部品を取り除いて、食べてしまうのを避ける必要があります。

「本当に消化できる」詰め物はありませんが、ビバリーヒルズのウェブサイトには、ナッツの殻やポリプロピレンビーズは絶対にダメだと書かれています。

どちらの動物病院も、Nylabone 製などの耐久性のある素材でできたおもちゃを購入することを推奨しています。 さらに、おやつを獲得するために使用されるインタラクティブなゲームは、ペットの精神的に刺激を与える素晴らしい方法です。 また、飼い主にとって、鳴き声は緊急に獣医師の診察を受けるリスクがあることを知っておくことも重要です。

コメントする