カリフォルニアの犬の飼い主が致死性のリバー寄生虫について警告

南カリフォルニアを流れるコロラド川の一部に、愛犬を死に至らしめる可能性のある寄生虫が潜んでいるのが発見された。

この寄生虫は扁形動物という名前の ヘテロビルハルジア アメリカーナ、肝吸虫としても知られ、これまではテキサス州とメキシコ湾岸の他の州でのみ発見されていました。

しかし、雑誌に新しい論文が掲載されました 病原体 カリフォルニアで初めて発見されたと報告している。

肝吸虫は、哺乳類(主にイヌ)に感染する寄生性の扁形動物で、テキサス、ルイジアナ、フロリダなどの地域で最もよく遭遇します。 犬に感染すると、住血吸虫症として知られる症状を引き起こす可能性があり、犬の肝臓や腸に損傷を与え、場合によっては死に至る可能性があります。

論文の共著者でカリフォルニア大学リバーサイド校の線虫学教授アドラー・ディルマン氏は声明で、「犬はこの感染症で死亡する可能性があるため、この感染症が存在するという一般の人々の認識を高めたいと考えている」と述べた。 「もしあなたが彼らと一緒にコロラド川で泳いでいたら、あなたのペットは危険にさらされます。」

2019年以来、カリフォルニア州の3つの郡で11頭の犬がこの寄生虫に感染しており、そのうち1頭が死亡した。 このため研究者らは、リバーサイド郡のジョ​​シュアツリー国立公園東のアリゾナ州境にある町、ブライスの川を調査することになった。この川では感染したすべての犬が泳いでいた。 コロラド川の一部であるこの川で、彼らは2,000匹以上のカタツムリを収集し、そのいくつかが肝吸虫の宿主種であることを発見した。

「実際、私たちはブライスの川でH. americanaを養うことができる2種類のカタツムリを発見し、両方のカタツムリが活発にこの虫を排出していることを発見しました」とディルマン氏は述べた。 「H. アメリカーナを見つけたのは驚きだっただけでなく、カタツムリがここに存在することも知りませんでした。」

これらの寄生虫のライフサイクルにはいくつかの段階があります。 成虫は、最終宿主である通常は哺乳動物の腸を取り囲む静脈内に生息します。 成虫が産んだ卵は宿主の糞便に乗って水中に排出されます。 卵は水に入ると孵化し、ミラシディアと呼ばれる幼虫が放出されます。

これらのミラシジウムはカタツムリに感染し、そこでさらに発達します。 カタツムリは次の幼虫段階であるセルカリアを放出し、水中を泳ぎ、皮膚を介して飲んだり泳いだりする哺乳類に感染します。

「腸内壁の静脈に入り込み、そこで成虫に成長し、交尾するのです」とディルマン氏は言う。 「静脈内の成虫の存在が問題なのではありません。卵が肺、脾臓、肝臓、心臓に入り込むのです。免疫系がそれに対処しようとして、肉芽腫と呼ばれる免疫細胞の硬い塊が形成されます。」最終的には臓器組織が機能しなくなります。」

研究者らは、感染してから症状が現れるまでに数か月かかる場合があると説明している。

「症状は食欲不振から徐々に始まり、最終的には嘔吐、下痢、大幅な体重減少、肝疾患の兆候などを伴います。コロラド川で泳いだ後に犬にこれらの症状が現れた場合は、獣医師に相談するのが良い予防策です」簡単な糞便検査です」とロサンゼルス郡公衆衛生局の獣医師エミリー・ビーラー氏は声明で述べた。

「治療には通常、複数の薬を使用し、獣医師による綿密な監視が必要です。」

カリフォルニア州のコロラド川でこれらの肝吸虫とその宿主カタツムリが発見されたことは憂慮すべきことだと研究者らは言う。 それは「この寄生的脅威の持続性と拡大の可能性を強調している」と彼らは論文で書いている。

この寄生虫は人間に皮膚の発疹を引き起こす可能性がありますが、私たちの体内に侵入して大きな感染症を引き起こすことはできません。

「人間の皮膚に侵入すると、水泳選手のかゆみや赤い発疹を引き起こす可能性があります。しかし、感染症を引き起こすことはできません」とディルマン氏は述べた。

コロラド川は南西部の何百万人もの人々に飲料水を供給しているにもかかわらず、それが私たちの飲料水に流れ込む危険性もない、と研究者らは強調している。

「他の病原体と比較して、これらの虫はかなり大きい。一般的な水浄化戦略で簡単に濾過できる」とディルマン氏は語った。 水源の汚染を心配する必要はありませんが、水を直接飲むことは依然としてお勧めできません。

「川にはウイルス、細菌、ジアルジアなどの寄生虫がいます」と彼は言う。 「誰も川からそのまま水を飲むべきではありません。それはこの特定の寄生虫とは何の関係もありません。」

科学の話についてヒントはありますか? ニューズウィーク カバーするべきですか? 寄生虫について質問がありますか? science@newsweek.com までお知らせください。

コメントする