生後3か月の子犬、「お願いします」という悲痛なメモとともに救助車に繋がれているのが発見される

救助隊員のバンに繋がれているのが発見された犬は、SPCAニュージーランドに保護された後、新しい飼い主を探している。

SPCA野戦隊員のジェイミーが車に戻ると、後部に繋がれた若い子犬を発見した。 後にサミュエルと名付けられたその犬は、車の日陰側に位置しており、手の届く範囲に水と餌があった。

バンの後部には、SPCAにサミュエルの世話を懇願する悲痛なメモが添付されていた。

SPCAは3月7日、フェイスブックへの投稿で、「これはニュージーランドの多くのペット飼い主にとって残念な現実だ」と述べ、「生活費の危機により、人々が動物を手放さなければならない状況はますます一般的になってきている」と述べた。

それはニュージーランドだけではありません。 米国動物虐待防止協会によると、米国では毎年630万匹のペットが避難所に入っており、その数は1日平均1万7,260匹に上る。

24Petの「シェルター・ウォッチ・レポート」によると、2023年1月に米国のペット保護施設に引き取られた犬と猫の数は4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加した。 毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。

シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

ありがたいことにサミュエルは救助隊に引き取られたが、可能であれば動物を放置する前に支援を求めることが常に得策であることが明らかになった。

「他の救助活動と同様、SPCAも地域社会で助けを必要としている動物や飼い主の数に対応するのに苦労していますが、私たちはできる限りの支援をするために常にここにいます」とSPCAニュージーランドは述べた。 「動物を捨てるよりも、私たちに助けを求める方がずっと良いです。それは野良犬や不要な個体群を増やすだけです。」

ニューズウィーク SPCAニュージーランドにコメントを求めた。

それ以来、救助隊のフェイスブックへの投稿は何千もの反響を呼んだ。 あるコメントでは、「本当に安全かつ思慮深くこの子を残してくれた飼い主さんは本当に良かった」と書かれていました。

一方、別のフェイスブックユーザーは「この赤ちゃんが愛情あふれるお家を見つけられることを願っています」と述べた。

現在、養子縁組が可能となっているサミュエルは、生後約3か月と推定され、健康診断、マイクロチップの装着、去勢手術を受けている。 予防接種、駆虫、ノミの駆除はすべて済んでいます。

エネルギーに満ちたサミュエルは、生意気な性格を表現し、忙しいライフスタイルを楽しめる家を探しています。

コメントする