ゴールデンレトリバーの「起床拒否時代」に突入した本格ドラマ

若いゴールデンレトリバーが散歩中に抗議するという新たな習慣に、飼い主やインスタグラムの閲覧者らは困惑している。

1 歳のサミットはサンディエゴで飼い主と一緒に住んでいますが、飽きると地面に倒れ込むという面白い新しい習慣を身につけました。 飼い主のジェニー・バーンズさんは、その日の散歩を終えたと判断した後も微動だにしない犬の動画をシェアした。

サミットの抗議活動は日常茶飯事になっている、とバーンズ氏は語った。 ニューズウィークそして今では、近所を離れるだけでも3回の試行が必要になることがよくあります。

「サミットは数週間前にこの取り組みを始めたが、今では毎日3回の試行で近所から抜け出すことができる」とバーンズ氏は語った。 「彼は起きたくないのです。」

バーンズさんはインスタグラムで @bakerbarnes というハンドル名で、犬友達との遊びデートからボート旅行、飼い主たちとの時間の過ごし方まで、サミットのふざけた様子をたくさんシェアしている。

77,000回以上再生された最新のビデオは、サミットが抗議の意を表して転倒する瞬間を映している。

バーンズはキャプションで「このドラマは本物だ!」と冗談を言った。 テキストオーバーレイには次のように書かれていた。「私の犬は『地面に倒れても起き上がろうとしない』時代に入っています。

視聴者はそれが面白いと思い、コメントで反応を共有しました。

あるコメント投稿者は「彼はもう終わった」と言い、別の視聴者は「とてもドラマチックだ!」と書いた。

バーンズさんはその反応に喜び、それ以来、サミットさんの新しい習慣は年齢に関係があるのではないかと推測した。 ゴールデンレトリバーの1歳半は、人間の年齢に換算すると約15~19歳に相当します。

犬の「思春期」は通常生後6か月から2歳の間で、反抗、エネルギーの増加、気分の変動など、人間の十代の若者が経験するのと同様の行動の変化が犬に起こることを意味します。

「私たちはたくさんの笑いを得ました。他の多くの犬の飼い主、特にゴールデン飼い主は、この頑固な十代の時期に共感できるようです」とバーンズ氏は語った。

ゴールデンレトリバーが散歩中に前足で投票を決意したのはこれが初めてではない。 10月には、退役海兵隊員が飼っているゴールデンレトリバーは死んだふりをし、家に帰りたくないときは動こうとしない、と発言した動画がネット上で話題になった。

5,200万回再生されたこの動画では、飼い主が犬を抱き上げて運ぶよう強制されていた。

コメントする