安楽死させるために健康な犬を連れて町を離れる飼い主、獣医師は別のアイデアを持っている

安楽死させるために飼い主に連れて行かれた犬に、動物保護団体の飼い主のもとで二度目のチャンスが与えられた。

3歳のアメリカ人のいじめっ子デニーは、引っ越しが迫っているため、飼い主によって安楽死させるつもりで獣医に連れて行かれた。 しかし、デニーを安楽死させる医学的理由はなかった。 怪我のせいで全盲になったことを除けば、彼は全く健康だ。

獣医師は安楽死の実行を拒否し、代わりにノースカロライナ州シャーロットの救助団体フォーゴトン・ナウ・ファミリーの創設者クリッシー・エルダーに連絡を取った。

「デニーのことを聞いたとき、何か助けなければいけないと思いました」と長老は語った。 ニューズウィーク。 「捨てられるに値する動物はいない、特にデニーほど優しい動物はいない。」

長老はその動物を里親として引き取り、すぐに彼の精神に恋をしました。 そして彼女は彼に永遠の家を提供することを決意した。 「私は彼を育てることに夢中になった」とエルダーさんは語った。 「そして今、彼は私と一緒に永遠の家を持っています。」

米国動物虐待防止協会によると、毎年630万匹のペットが1日平均1万7,260匹、米国の保護施設に入っている。 ペットシェルターに引き取られた犬と猫の数は、昨年1月に4万6807匹に達し、2022年1月と比べて1744匹増加したことが、ペットウォッチのシェルター・ウォッチ・レポートで明らかになった。

毎年約92万頭の引き渡された動物が安楽死させられています。 シェルターは、養子縁組キャンペーン、避妊・去勢手術プログラム、行動リハビリテーションを推進することで、安楽死率を最小限に抑えるよう努めています。

デニーを引き取って以来、エルダーはデニーの話を TikTok でビデオで共有し、すぐに人々の心を捉えました。

「この子に家を与えてくれて神のご加護がありますように。飼い主がこの美しく人懐っこい犬を手放すなんて考えられないでしょうか」とコメントした人もいた。

TikTokでこのストーリーを見た別の人は「とても大切な赤ちゃん。救ってくれてありがとう」と投稿した。

別の投稿者は「彼が幸せで安全でよかった」と付け加えた。

「私たちの『トク・ファム』がどれほど協力的であるかが大好きです」とエルダーは語った。 「彼らの励ましと優しさは私たちにとってかけがえのないものでした。」

デニーは新たな章と二度目のチャンスを開始し、安楽死させるために連れて行かれた状態から、自分のローブを着て寝かされる状態になり、今は新しい飼い主と愛情あふれる家にいます。

コメントする