行方不明のテキサス女性捜索で「憂慮すべき」発見

約2週間前に犬の散歩中に失踪したテキサス州の女性に対し、最愛のペットが一人で徘徊しているのが発見され、不安が高まっている。

クリスティーナ・ジョンソンさん(27)は、3月6日にヒューストンでこの犬を散歩に連れて行ったが帰宅せず、父親は飼い犬を決して見捨てるつもりはないと語った。 それ以来ジョンソン君の姿は見られていないが、金曜日に犬は単独で発見された。

全国行方不明者・身元不明者システム (NamUs) によると、米国では毎年約 60 万人が行方不明になっています。 データ収集と可視化を専門とするStatistaが21歳以上の成人の行方不明者を分析したところ、2021年に男性10万492人、女性6万2552人が行方不明となっており、これが最新の数字であることが明らかになった。

10歳の小型雑種犬マックスが、ジョンソンの家から12.5マイル離れた場所で発見された。 ジョンソン君の父親エマニュエルさんによると、ジョンソン君は、嵐が襲来する中、雨の中、捨てられたとみられるこの動物が一人でさまよっているところを目撃した女性に救出された。犬は毛が足をもたれており、テーブルの下に隠れており、「ほとんど怖がっている」ような態度をとっていると、ジョンソン君が帰宅してからのことだった。ジョンソン氏はクリック2ヒューストンに語った。

エマニュエル・ジョンソンさんは、地元の新局KHOUとのインタビューで、行方不明の娘についての意識を高めようと必死に努めているため、父親として極度の「喪失感」に苦しんでいると語った。

「彼女はいつもマックスと一緒にいるんです」と彼は言った。 「私たちがマックスを見つけたのに、彼女が見つけられなかったという事実は、非常に憂慮すべきことです。彼は今荒れています。それに、彼は一人で外出していて、家の犬であり、そのように一人でいることは一度もありません。何かが違います」そうですね。明らかに彼女は危険にさらされています。」

同氏によると、娘は犬とコンピューターを近くのジャック・イン・ザ・ボックスかハックベリー・コミュニティ・センターに連れて行き、仕事に行くのが日課だったという。

「彼女はいつもは夕方前に帰ってくるのですが、その夜は帰ってきませんでした」と彼は語った。

元ユーステニスチャンピオンの彼女は最近ウェストバージニア州のアルダーソン・ブロードダス大学を卒業し、次に何をすべきかを考えて故郷に戻ったと付け加えた。

ヒューストン警察(HPD)はジョンソンさんを捜索しているが、彼女の写真は公開されている。 Xで流通した、以前は Twitter であり、AWARE Foundation によって運営されていました。

クリスティーナ・ジョンソンは身長5フィート4、体重140ポンドと言われています。 彼女が最後に目撃されたのは、黒いパーカー、青いデニムのショートパンツ、ピンクの靴下、クロックスの靴を履いているところだった。 彼女は灰色のバックパックを背負っており、携帯電話を持っていませんでした。

ニューズウィーク はさらなる情報とコメントを求めて電子メールで HPD に連絡を取りました。

彼女の居場所に関する情報をお持ちの方は、HPD 行方不明者課(832-394-1840)またはヒューストンの犯罪ストッパー(713-222-TIPS)に電話してください。

コメントする