認知症の犬が飼い主の名前を呼んだときの反応に心が溶ける

認知症の高齢犬が、飼い主が自分のそばにいることを知らせるために愛称で呼ぶのを聞いたときの優しい反応がソーシャルメディアで視聴者を感動させた。

3月初めにspunkyandfriendsというユーザー名でTikTokにシェアされた投稿では、スパンキーと呼ばれる長毛チワワが、迷ったかのように庭で立ち止まっているのが見られる。 そこで飼い主は、彼女がすぐそばにいるということを知らせるために名前を呼ぶことにしました。

母親が自分のあだ名を「ババッシュ」と呼ぶのを聞くとすぐに、彼女はそれが自分だと気づき、熱心にしっぽを振り始め、自分は迷子ではないし、きっと一人ではないという安心感を覚えます。

キャプションには、「認知症の年長の子犬が時々迷子になるので、近くにいることを知らせるために名前を呼んでいます。尻尾です」と説明されている。

人間と同様、犬の認知症も認知能力が徐々に低下するのが特徴です。 犬の認知機能障害症候群として知られるこの症状は、犬では約 8 ~ 9 歳から現れ始めます。

予防獣医師によると、犬の認知症の最も一般的な症状には、見当識障害や混乱、子犬の通常の睡眠パターンの変化、食欲不振、トイレ事故、その他の種類の行動の変化が含まれます。

このビデオはソーシャルメディアですぐに広まり、これまでにプラットフォーム上で446,600回以上の視聴と78,000件の「いいね!」を獲得しました。

@supunkyandfriends

朝、前庭を散歩 #シニアドッグ #シニアドッグソフトイクトク #シニアチワワ #ロングヘアーチワワ #チワワ #dogsoftiktok #dog #love #animals #dementiadog

♬ オリジナル楽曲 – はちみつ

ユーザーの一人、デリラさんは、「お母さんを一生守り続けられるなんて、なんて優しいんだろう」とコメントした。

怠惰な海の魔女は「お母さんがいる。私は安全だ」と言い、一方、ダブショットルヴさんは「私も子犬で同じことを経験している。これはとても助かる」と付け加えた。

ボビー&マーフさんは「彼らが年をとっていくのを見るのはつらいことだが、それは私がかつて飼っていた犬に対して今まで感じた中で最大の愛情でもある」と書いている。

そして、user7627524573443はこう言いました:「ああ、あなたはとても良いママですね。私も最近15歳の子供と同じような経験をしました。ヨーキー、彼女の心を祝福します、彼女が裏庭で迷子になるかもしれません、そして私は彼女のすぐ後ろにいて、彼女がいることを確認します中に戻ってきました。」

別のユーザー、miaeilisさんは、「彼らが年をとっていくのを見るのはとてもつらい。私の娘は現在14歳だが、私たちは彼女のために同じことをしなければならない」とコメントした。

そしてrichmami4さんは「彼女はあなたがしてくれたことをずっと覚えているでしょう。たとえ思い出せなくても、心の奥底ではわかっているからです!!!あなたとあなたの赤ちゃんに愛と深い抱擁を送っています!!!」と書いた。

ニューズウィーク TikTokのコメントを通じてspunkyandfriendsにコメントを求めたが、事件の詳細は確認できなかった。

コメントする